生活習慣病の一つである肥満が問題視されるようになり、年齢を問わず多くの人がダイエットに関心をもつようになりました。ちまたにはダイエット情報があふれ、自分に向いていそうなダイエット法を見つけるのに、時間はかかりません。でもいざ挑戦、とダイエットを始めてみたものの、続けるのは案外難しいものです。ダイエットを習慣化させるコツはあるのでしょうか。

なぜダイエットは続かないの?

ダイエットが続かない…途中であきらめてしまうことがあっても、それはある意味自然なことかもしれません。人間は生きていくために食事が必要です。それに動物の本能として、食べずに我慢するよりも、余計に食べておいて体内に栄養を蓄えることを欲求します。ダイエットで食事制限することは体の欲求に逆らうことであり、ダイエット実行には強い意志がいるのです。またダイエットのみならず、どんなことでも毎日根気よく続けるのは難しいことです。継続していくには、モチベーションを上げるような強い目的意識がある、そうでなければ、続けられるような工夫が必要です。

ダイエットを長く続けるには?

勉強でも運動でも、長く続けるにはコツがいります。そのコツとは次の二つ、一つは負担に感じすぎないこと、もう一つは効果が見えることです。一つ目のダイエットを負担にしないためには、無理のないペースで行うこと。そして当たり前のことと思えるくらいに習慣化してしまうと良いでしょう。二つ目の効果の視覚化ですが、行ったことの効果が目に見えると、やる気がでますよね。そのためには数値を定期的にビジュアル化する、つまりノートなどに記録をとっていくと変化を把握しやすくなります。数値だけでなく、余裕があれば食べたものも記録すると良いでしょう。手書きが面倒であれば、アプリなどを活用するのもおすすめです。ダイエットを習慣化してしまおう

太りやすいのはなぜなのか、それは間食や運動不足など、何かしら太るような習慣があるからではないでしょうか。ならば、太る習慣をやめて痩せる習慣を身につけてしまいましょう。ダイエットで大事なことは、先ほどお話ししたように、負担に感じすぎないことです。実は習慣を変えるというのはエネルギーがいり、新しく始めたことに体がなじまず負担となり、元の習慣に戻ってしまうことが多いのです。ダイエットを開始したときは、今までの食生活をちょこっと変える程度にしておきましょう。例えば間食をカロリーの少ないものにする、食事の量を少しだけ減らすだけで十分です。慣れてきたところで、もう少し頑張って間食を食べない日を作る、食事の量をさらに減らしてみる、そして運動も取り入れるなどして、少しずつ変えていくのです。食欲は脳の要求によって起こりますが、このように時間をかけて脳を慣らしていくことが大切なのです。

ダイエットを習慣化してしまおう

太りやすいのはなぜなのか、それは間食や運動不足など、何かしら太るような習慣があるからではないでしょうか。ならば、太る習慣をやめて痩せる習慣を身につけてしまいましょう。ダイエットで大事なことは、先ほどお話ししたように、負担に感じすぎないことです。実は習慣を変えるというのはエネルギーがいり、新しく始めたことに体がなじまず負担となり、元の習慣に戻ってしまうことが多いのです。ダイエットを開始したときは、今までの食生活をちょこっと変える程度にしておきましょう。例えば間食をカロリーの少ないものにする、食事の量を少しだけ減らすだけで十分です。慣れてきたところで、もう少し頑張って間食を食べない日を作る、食事の量をさらに減らしてみる、そして運動も取り入れるなどして、少しずつ変えていくのです。

食欲は脳の要求によって起こりますが、このように時間をかけて脳を慣らしていくことが大切なのです。ダイエットが習慣となり続けられるようになると、自分の頑張りに誇りを持てるように。すると相乗効果として他のことにおいても、継続する自信がつくこともあります。しかしダイエットに失敗してやめてしまっても、それはあなたの頑張りが足りなかったのではなく、そもそもダイエットを一人で成功させるのは難しいこと。また近いうちに再挑戦すればいいのです。どんな習慣を取り入れればいいかわからない、というあなたはまずは朝の習慣から変えてみるとよいでしょう。朝取り入れてほしいオススメの習慣はこちらをチェック。これを実践するだけでもダイエットになりますよ!


writer:Akina