同じ歳なのに若々しい人もいれば老けて見える人もいて、年齢を重ねるごとに個人差が出てきます。若々しさとは肌にハリやツヤがあり、姿勢がよく動作が機敏であること。これらは日常の生活習慣から作られていくものです。基本は運動を習慣化して毎日バランスよく食べること、そしてAGEなどの体を老化させる物質を溜めないことも大切です。ここではAGEについて詳しくご紹介しましょう。

AGEとはどんな物質なの?

体を老化させる物質が存在するのをご存知でしょうか。例えば活性酸素はその一つであり、増えすぎることで体を酸化させてしまう物質です。またAGEと呼ばれる物質も、老化を促進させる物質として知られています。AGEとはAdvanced Glycation End Productsを略したものであり、「終末糖化産物」といいます。糖とタンパク質が結びついたものが加熱変化したものであり、体を老化させる強い毒性を持っています。

血糖値が高いとAGEが蓄積しやすい

AGEは体内に糖が多いと、作られやすくなります。だから血糖値が高い人はAGEができやすいと言えます。過剰な糖が体の成分であるタンパク質と結びつき、体温の熱によりAGEに変化するからです。このようにAGEができることを、タンパク質の糖化といいます。たとえ糖化が起こっても、体内の糖の量がすぐに減れば、糖化したタンパク質は元のタンパク質に戻ります。しかし体内の糖が多いままであるとAGEが溜まっていき、体が老化していきます。AGEは体内で作られるだけでなく、食品からAGEを摂ってしまうこともあります。タンパク質と糖が熱せられるような料理はAGEができやすくなります。特に加熱によりこんがりと焼きあがった部分にAGEが多く、焼肉やステーキ、とんかつ、フライドポテトなどがあげられます。またタバコにもAGEが多く含まれており、吸いすぎは老化が進む原因となってしまいます。

AGEを溜めない食生活をしよう!

タンパク質の糖化が進みAGEが増えると、体が老化していくばかりか、病気を招きやすくします。特にタンパク質でできているコラーゲンは肌や血管、骨などに含まれており、コラーゲンが糖化して硬くなると、体のあちらこちらに支障がでやすくなります。肌のハリがなくなりシワができる、血管が詰まり動脈硬化が起こりやすくなる、また骨が弱くなり骨粗そう症になる可能性もあります。脳のタンパク質が糖化することもあり、認知症の原因となることが分かっているそうです。体を老けさせるAGEは、できるだけ体内に増やしたくないですよね。そのためには、適度な運動を習慣化させ、毎日の食生活に気を配ることが肝心です。AGEを多く含む食品を摂りすぎないようにし、また体内の糖を増やさないようにしましょう。

血糖値を上げないためには、食事はゆっくりとよく噛んで食べるようにし、順番は野菜や海藻などから食べ始め、最後にご飯や麺類などの炭水化物を食べるようにします。また果物やデザートは血糖値を上げやすいので食べ過ぎに気をつけましょう。もし食べるなら食後に食べると血糖値が上がりにくくなります。若くいたいと願うと、先にお化粧や服装に気を使ってしまいがちです。しかし土台となる体を老けさせないようにすることが最も大事なこと。体を老けさせる原因としてAGEの他に炎症と酸化にも注意が必要ですがそれについてはこちらをご覧くださいね。


writer:Akina