わたしたちが普段口に入れている食べ物には、賞味期限・消費期限といったものが定められていますよね。もちろん期限を大きく過ぎた食べ物を口に入れると健康被害を伴う恐れがあります。でも食品だけでなくわたしたちが普段使用している身近なモノにも使用期限が定められていることはあまり知られていないか、知っていても無視しがちです。例えば目のかすみや乾燥のケアには欠かせない目薬。目薬にも使用期限というものがあります。

未使用の目薬の消費期限は長い

わたしたちが普段使用している市販の目薬には、パッケージに記載されている通り数年単位の使用期限というものが定められています。たまたまこの使用期限について目にしたことがある人もいるでしょう。目薬の使用期限は意外と長いので安心してしまいがちですが、パッケージに記載されている使用期限は、未使用状態であることが原則。そのため開封すればこの使用期限はあてにならなくなります。そして開封してしまった目薬の使用期限はそれほど長くはないのです。

開封済みの目薬の消費期限は?

では開封済みの目薬の消費期限はどれくらいだと思いますか? 一般的に1ヶ月程度とされています。中には2〜3ヶ月は大丈夫だという意見も聞かれますが、安全性や目薬の効果効能を考えると1ヶ月程度が妥当です。そして目薬の消費期限については是非意識していただきたいのです。なぜなら目薬の性質上、開封してしまうとどうしても空気中の細菌等に侵されやすく、余計な細菌を点眼してしまう可能性があるからです。そうなると不必要な眼病のリスクにさらされることになります。

古い目薬を使うとどうなるのか

目薬の消費期限を無視して、古いものを使用した場合どうなるのでしょうか。実際に古い目薬を使用した際に激しい痛みを生じた、細菌が入ったせいで眼帯をするはめになった、といった事例が多数報告されています。かすみや乾燥といった、弱った目に点眼するはずの目薬が、逆に細菌で目を攻撃するはめになっては嫌ですよね。目薬の使用期限に無頓着であった方は、今一度目薬の使用期限について省みることをおすすめします。ちなみに食品の賞味期限と消費期限の違いについてはこちら食品の賞味期限と消費期限の違いについてはこちらをチェックしてみてくださいね!


writer:サプリ編集部