公式訪問でイヌイットのパフォーマンスを笑ったと、まさかの炎上/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

チャールズ皇太子とカミラ夫人が、公式訪問したカナダで、イヌイットの伝統的な喉歌のパフォーマンスを見ていたときに、顔を見合わせて爆笑している映像が流出し、ネットを炎上させている。

【写真を見る】親交を深めるためにカナダを訪問したはずが…/写真:SPLASH/アフロ

この喉歌というパフォーマンスは、2人の歌手(通常は女性たち)が至近距離で向かい合って、喉をわざとつめたダミ声のような調子で互いを威嚇するような音声を発する。英紙テレグラフのサイトがアップした動画を見ると、パフォーマンスを見ていたカミラ夫人は、もう辛抱たまらんと言わんばかりに下を向いてゲラゲラ笑っており、チャールズ皇太子は笑いを堪えている様子だが、そのうち夫人につられて笑い始める。

「とても失礼で異文化へのリスペクトが欠如している」「チャールズ皇太子もカミラ夫人もひどい。意地悪だし、大人じゃない」「この2人のほうが恥ずかしい」などネットには批判が殺到。CBCニュースによれば、イヌイットの伝統的な喉歌のパフォーマンスは、2人の女性が向かい合って、動物の声や周囲の物音を真似るゲームで、最初に笑ったほうが負けになるらしい。今回はパフォーマーたちより先に笑ってしまったカミラ夫人が、そのために散々バッシングもされて、一番の敗者になってしまったかもしれない。【UK在住/MIKAKO】