ボイスキャストが勢ぞろい

写真拡大

 ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・スタジオによる人気アニメーション「怪盗グルー」シリーズの第3弾「怪盗グルーのミニオン大脱走」の日本語吹き替え版完成報告会見が7月6日、都内で行われた。この日は声優を務める笑福亭鶴瓶、松山ケンイチ、中島美嘉、いとうあさこ、宮野真守が勢ぞろいしたほか、本作で初登場する主人公グルーの双子の兄弟ドルーの吹き替えキャストとして、生瀬勝久の参加が発表された。

 元人気子役の悪党、バルタザール・ブラット(声:松山)をとり逃がし、反悪党同盟を解雇されてしまったグルー(声:鶴瓶)は、ドルー(声:生瀬)という生き別れになっていた双子の兄弟と初めて対面。父の志を受け継ぎ、天下の大悪党になることを夢見るドルーの姿に、グルーの良心が揺らぎ始める。一方、グルーのもとを去ったミニオンたちは、ひょんなことから逮捕され、投獄されてしまう。

 シリーズ第1弾「怪盗グルーの月泥棒 3D」から、主人公のグルーを演じ続ける鶴瓶は「声優はすごく楽しいんやけど、あのちっちゃいブースに缶詰になるのは、ちょっとつらい」と思わず本音。本職ではない声優業は「今もあんまり、自信がない」といい、「つい2日前にも、ウチの社長が『あんまりうまくないですよ』って言いよって……」と嘆き節だ。

 それでも、作品を重ねるたびに「怪盗グルー」シリーズの人気が高まり、子どもたちの認知度も高まったそうで「ロケで公園とか行くと、子どもたちは『あっ、グルーだ』って近寄ってきてくれる。始めたころは、こんなに続くと思っていなかった」としみじみ。「最後は思いきり泣ける」と映画をアピールした。

 また、会見でドルー役を務めることが発表された生瀬は「とにかく、楽しかった。これは続けたいですね」と早くもシリーズ続投に意欲満々。「グルーやミニオンたちの人気にあやかりたいですよ。僕もお子さん人気が欠けているので(笑)」と色気を見せた。

 ブラットを演じる松山は「うちの子どもと一緒によく見ていた作品なので、参加できてうれしい」と語り、「今回の映画も子どもと見たんですけど、早速『僕ちゃん、悪い子ちゃん』というバルタザールのセリフを真似している」と微笑ましいエピソードを披露していた。

 「怪盗グルーのミニオン大脱走」は、7月21日から全国公開。