ハンドスピナー――それは中心の軸を手で持ち、外側の突起を弾いて回る様を眺める……ただそれだけの玩具です。ただし、1回回せば数分間回り続けるということで、不思議な中毒性があるともっぱらのうわさ。アメリカで爆発的な人気を得ていたものが、最近になって日本に上陸を果たし、大きな話題となっています。さて、このハンドスピナー、たいていは手裏剣を思わせる平べったい形状をしていますが、ここに来て立方体のモデルが登場しました。販売するのは、ユニークなグッズを扱うことで知られるヴィレッジヴァンガードです。

 

一般的なハンドスピナーとは一線を画すキューブタイプ

ヴィレッジヴァンガードは、四角いハンドスピナー「 Cube」 をヴィレヴァン通販で取扱いを開始しました。実売価格は2138円。こちらは立方体の対角線上の角を持ち、ボディを1本指で回すタイプ。グルグルとよく回転するので、手持ち無沙汰なときやなんとなく落ち着かないときに使用すれば、気持ちが落ち着くとのこと。その点、禁断症状に苦しむ禁煙中の方や落ち着きの無い子ども、ついつい貧乏ゆすりしてしまう人などにオススメです。

↑角をつまんでボディを回します

 

一辺の幅は3cmとコンパクトで、かつ63gと軽量なので持ち運びもカンタン。カラバリは赤、青、ゴールド、ブラックの4色を用意し、分解すれば、2色、3色を組み合わせて使うことも可能です。

↑ゴールド

 

↑分解も可能です

 

実際の品は、どんな見え方でどれほどの持続力があるのか、そもそもキューブ状にしたメリットは何なのか、興味は尽きませんね。ハンドスピナーの存在がまだ定着していないところで、さらにその先を行く製品が登場し始めているのも驚きです。実売価格は2138円と、やや高価ですが、持っていれば注目を集めることは確か。気持ちを落ち着けたい人はもちろん、旬な話題を提供したい人も、おひとつ持ってみてはいかがですか?