ホンダ、コンパクトセダン「GRACE」をマイナーチェンジし7月7日発売


 ホンダは、5ナンバーのコンパクトセダン「GRACE(グレイス)」をマイナーモデルチェンジし、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を採用し、7月7日に発売する。


 今回GRACEの主な変更点は、力強い印象のフロントグリルやインラインタイプのLEDヘッドライト(HYBRID LX/EXに標準装備)などを採用し、前後のバンパーデザインを変更することで、よりスポーティーで洗練されたエクステリアデザインとした。


 インテリアは、全グレードでシート表皮を一新し、フロントマップランプやルームランプにLEDを採用した装備へ変更。


「SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド)i-DCD」を採用したハイブリッド車は、燃費性能を向上させ、34.8km/L(JC08モード)を達成。


 誤発進抑制機能をはじめとした8つの機能を備えた先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを採用し、安心装備を大幅に充実させた。


 さらに、オートハイビームを新たに採用し、夜間走行時に専用のカメラで対向車や前走車を検知、ハイ/ロービームを自動で切り換えることで、ドライバーの良好な視界確保に貢献している。


「GRACE」の年間販売計画台数は、1000台。希望小売価格(消費税込み)は、1,769,040円〜2,569,320円。

【ギャラリー】Honda GRACE24

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/