紫外線対策は美容にも健康にも欠かせない存在。多くの人が日焼け止めや服装に気を使って紫外線対策をしていますが、目にもしっかり対策できていますか?目は肌と違って日焼け止めを塗ったり布で覆ったりできませんから、目を守るための紫外線対策方法を知っておきましょう。

紫外線が与える目への影響が恐ろしい

肌に紫外線があたることでシミやそばかす、日焼けと言った様々な悪影響が出るのは有名ですよね。ですがいくら肌を紫外線から守ったところで、目に紫外線を浴びてしまえば意味がありません。目に紫外線を浴びると、メラニン色素の発生が促進されます。そのため布で覆っていたはずの肌にシミやそばかす、色素沈着が現れることも。また、眼球そのものにダメージが加わることも見逃せません。紫外線が目にあたると、緑内障や白内障、角膜炎といった様々な眼病のきっかけになります。視界がぼやけて視力が下がり、症状が深刻になれば失明にまで至る可能性があります。目は一生ものですから、後悔する前にしっかり紫外線から守っていきたいですね。

サングラスのUVカット効果はレンズの色と無関係

「目への紫外線対策」と聞いたら、真っ先に思い浮かぶのがサングラスの存在ではないでしょうか?もちろんサングラスは紫外線から目を守るのに最適ですが、実はレンズの色とUVカット効果は何の関係もありません。紫外線対策でサングラスを選ぶなら、紫外線がレンズを透り抜ける割合「紫外線透過率」に注目です。この紫外線透過率が低ければ低いほど紫外線を遮断し、目を守ってくれます。透明に近いレンズでも紫外線透過率が低ければUVカット効果は高く、逆に色が暗い・濃いレンズでも紫外線透過率が高ければUVカット効果は期待できません。紫外線透過率の低いサングラスは、雑貨屋さんなどよりも眼鏡屋さんで探した方が性能の良いものが手に入りますよ。

帽子や日傘を使って目を守ろう

紫外線から目を守るなら、サングラスの他に帽子や日傘も効果的です。日傘はなるべく色が黒に近いものを選びましょう。黒い素材の日傘は光を吸収してくれますから、白い素材のものと比べて紫外線をカットしてくれます(絶対紫外線カット! ! 日傘・帽子・日焼け止めの効果的な使いかた )。帽子は麦わら帽子のような目の粗いものだと、紫外線が入ってきやすいためおすすめできません。目が細かくつばの広い帽子が良いですね。

紫外線を浴びた後は目薬でアフターケア

目薬には炎症を抑えて充血を改善したり、ビタミンや水分を補給して紫外線ダメージを緩和する効果があります。目に紫外線を浴びてしまったときは、硫酸亜鉛水和物やビタミンB6が含まれている目薬がおすすめ。どんなに対策を練っても完全に紫外線を遮断することは不可能ですから、日差しの強い日には目薬を使ってアフターケアをしてください。


writer:さじや