大型バスを乗りこなす男児

写真拡大

 犯罪の低年齢化が社会問題となっている中国で、大人たちの度肝を抜くアウトローな少年が現れ、話題となっている。

 6月30日、広東省広州市増城区で「子どもが大型バスを運転している」と通報があった。警察は、道路に設置されている監視カメラの映像などから問題の車両を割り出し、運転していた男児を保護した。

 男児が運転していたのは、市内を走る路線バス。バスの運転手によると、男児が保護された場所から30キロほど離れた停留所に止めていたところ、盗まれたのだという。その間、およそ40分。この時間と距離から計算すると、免許がなければ大人でも運転が難しいであろう大型バスを、男児は時速約45キロで乗りこなしていたことになる。しかも運転中、一人のけが人も出ていないというから驚きだ。

 警察が公開した映像には、車道を走る台の大型バスの運転席で、小学3年生くらいの男児が紛れもなくハンドルを握っている姿がはっきりと映っている。
 
 映像には男児が警察車両で署に連行され、お灸を据えられている様子まで捉えられているが、警察官たちに取り囲まれても、実にリラックスした表情を浮かべている。そればかりか、タバコとみられる白い棒状のものを右手に持ちながら署に入っていく様子も捉えられている。

 一部の情報によると、9歳になる彼は地元では有名な問題児で、頻繁に警察の厄介になっているが、中国の刑法では14歳未満の少年は刑事責任を問われないため、野放しにされているようだ。

 ネット上ではこの一件に際し、少年法の改正を求める声も上がっている。