坂上忍【写真:椿山】

写真拡大

 5日放送の『バイキング』(フジテレビ)では、松居一代の相次ぐYouTubeでの告発動画や、本日発売された週刊文春と松居の軋轢などについて特集。夫・船越英一郎についても含め、坂上忍らがコメントした。

 坂上忍は「なんでここまで大事になっちゃってるんだろう」と繰り返し疑問を口に。薬丸裕英も「夫婦のことは夫婦にしかわからないから、普通は外に出したくないはず」と、松居の心中も思いやりつつ、YouTubeに加えTwitterまでスタートさせた松居の行動が理解できないと口にした。

 一方週刊文春元記者の中村氏は、同誌の発売を受け、松居との軋轢を産んだ理由について説明。当初松居から「手記という形でよせられたものがあったが、記事に載せられるようなレベルではなかった」と明かし、報道する際の事実確認の中で「事実無根のことが結構出てきた」と明言。さらに、松居が船越の不倫相手として批判した「ハワイ在住のエステティシャン」については、文春側がハワイに出向き事実ではないと判断していることも明かした。松居が「週刊文春に裏切られた」としているのは、松居側の発言で掲載することはメールで送っているものの、船越側の言い分も掲載しているために記事全体を見せることはせず、それが松居が激高する要因となったという。

 坂上は「松井さんのテンションと受け取る側のテンションが違う。ぼくらのところまで降りて発信してもらえると」と、相次ぐ松居の動画やTwitter投稿の方法に疑問を抱いていることを明かし、船越側には船越側の意見もあり、公平を期する上で「報道を控えたいのはやまやま。なにとぞ一つ、これ以上の動画がアップされないように......」と本心を吐露する場面もあった。