BLACKPINK、グラビアで普段とは異なる顔を魅せる…ナチュラルなメイクに“視線集中”

写真拡大 (全3枚)

BLACKPINKのグラビアが6日に公開された。

スタースタイルマガジン「HIGH CUT」は、ガールクラッシュ(女性が女性に憧れること) の魅力をアピールするBLACKPINKの、ジュエリーグラビアを公開した。

今まで見せてきた強烈でカリスマ性溢れる化粧ではなく、BLACKPINKのナチュラルな顔をキャッチすることに集中したと「HIGH CUT」は説明した。

撮影後に続いたインタビューでBLACKPINKは、3rdミニアルバム「最後のように」で活動する近況を伝えた。

ジスは「いつもカリスマ性、ガールクラッシュコンセプトで活動したが、今回は少女らしさがコンセプトだ。初のファンサイン会を控えていてときめき、楽しみにしている」と話した。

ジェニーは「人見知りが激しくてオーディションの時には『こんにちは』と挨拶することさえできなかった。過去、ステージで恥ずかしがっていたが、ファンたちはその姿まで受け入れ『大丈夫だ。怖がらないで』と話してくれた。当時『そうだ。このようなファンの方々がいるのに、私自身を隠す理由はない』と思った」と伝えた。

ロゼは「元々の夢はユーチューバー(YouTuber) だった。もっと実力を磨いてから、ギターを弾きながら歌を歌う動画をアップするため、ギターも学んだ。オーストラリアでも韓国の歌はたくさん聞いたが、韓国で歌手活動をすることになるとは、予想もできなかった」と伝えた。

タイ出身であるリサは「7月末に日本でデビューする。今後、日本の他にタイ、オーストラリア、ニュージーランドなど、私たちが暮らした国でも活動してみたい」と話した。

BLACKPINKのグラビアは6日に発刊された「HIGH CUT」201号を通じて確認することができる。