【質疑応答】ポドルスキ入団会見、「Jリーグがアジアで1番強いグループ」

写真拡大

ヴィッセル神戸は6日、ガラタサライから今夏加入する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)の入団会見を行った。

▽ポドルスキは、ドイツ代表で通算130キャップ49ゴールをマークした稀代の左利きアタッカー。Jリーグにとって、2014年にセレッソ大阪入りの元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランに続く、欧州で名を轟かせたビッグネームとなる。

▽早朝の来日後、イベントを経て入団会見に出席したポドルスキは、メディア陣の質疑応答に対して、次のようにコメントした。

◆FWルーカス・ポドルスキ(ヴィッセル神戸)

――神戸を選んだ理由

「よく聞かれます。家族と会議をして、こっちに来ることにしました。11月に会長から熱烈なオファーを受けたことも大きな理由の1つです。それと、神戸がどのような街なのかもインターネットで調べました。とても気に入ったので、来ることを決めました」

――神戸の印象。ファンの反応について

「とてもたくさんの方に迎えてもらって、誇りに思います。日本の空港も清潔で綺麗だし、何もかもがキチンと整っていて、良い気持ちで日本に到着することができました」

「たくさんの方に出迎えていただいた。特に、子供たちもいっぱい来てくれたので、とても嬉しかったです。これから2年半にわたって日本にいることになるわけですが、サッカーだけでなく文化も学び、経験していきたいです」

――ピッチ外で楽しみにしていること

「これまで世界中の色々なところに行きました。まだ着いたばかりで何もわからないのですが、聞いたところによると、神戸牛が有名ということなので、記者会見の後でも食べに行きたいと思っています」

――自身の神戸加入によるJリーグ全体へのインパクト

「まだ着いたばかりで、あまりよくわかりませんが、Jリーグがアジアで1番強いグループだということは知っています。これからチームと一緒に盛り立てていく決心です」

――Jリーグで楽しみな点

「色々ありますが、まずはチームメートとのトレーニングが楽しみです。それから初めての試合にも力を入れています。それ以外にも、旅をしたり、神戸の街を見たりすることを楽しみにしています」

――Jリーグにとって久々のドイツ人選手。日本の子供たちに伝えたいこと

「ドイツに行ってください(笑) ドイツに行くのが良いんじゃないでしょうか(笑) 冗談です」

「僕は、子供と一緒にプレーすることも、トレーニングすることも、教えることも大好きです。可能であれば、神戸でもそういうこともしていきたい」

「もちろん、良いシステムを作り上げることができれば、子供の才能を引き出すことも、才能溢れる子供を見つけることもできるでしょう」

「ただ、最終的には、自分自身の問題になってくる。しっかりと練習することが大事だと思います」

――Jリーグ経験者から何かアドバイスをもらったか

「知っている選手が何人かいます。槙野(智章)とはケルンで一緒だったし、冗談をよく言う面白い選手だった。どこかで対戦するときを楽しみにしています。他の選手も何人か知っていますが、来週からトレーニングが始まるので、そのときの様子を見ていきたいです」

――自身のアピールポイントについて

「ファンには、トレーニングしてきたことを全部見せられるよう頑張りたいです。もちろん、今までの経験をチームメートに伝えることも大切だと思っています」

「ファンの方には、なるべく多くのゴールを見せたいです。あと、僕自身、サッカーは楽しむことを大切にしているので、楽しんでいる姿を見てもらいたいです」

――最後にひと言

「今から神戸牛を食べに行きます(笑)」