【六川亨の日本サッカー見聞録】コンフェデ杯やはり最後に勝つのはドイツだった

写真拡大

▽ロシアで開催されたコンフェデ杯は、世界王者のドイツが南米チャンピオンのチリを1-0で下して初優勝を飾った。結果こそ順当だが、ドイツは平均年齢24歳と“代表Bチーム"の布陣。リーグ戦が終わったばかりの開催とあって、主力抜きでの快挙だった。

▽ドイツといえば、96年のEUROで優勝した際に、開催国の解説者を務めたガリー・リネカーが「サッカーは11人でやるスポーツだが、最後に勝つのはドイツだ」と名言を残した。それだけ強さの際立つ国でもあった。

▽古くは66年イングランドW杯で準優勝すると、70年メキシコW杯は3位。74年に自国で開催したW杯で2度目の優勝を遂げる。78年アルゼンチン大会でベスト8に終わると、フォクツ監督は批判にさらされた。それでも82年スペインW杯と86年メキシコW杯は準優勝。そして90年イタリアW杯では3度目の優勝を果たす。

▽94年アメリカW杯と98年フランスW杯は、いずれもベスト8で敗退。さらに00年のEUROはグループリーグで敗退すると、サッカー大国の威信をかけて「自国選手の育成プログラム」を立ち上げ、長期的な強化に取り組んだ。

▽とはいえ、2年後の日韓W杯で準優勝すると、06年の自国開催となったW杯でも3位となりクローゼが得点王を獲得。10年南アW杯も3位でトーマス・ミュラーが得点王と、それなりに安定した成績を残している。

▽それでもドイツにとって、W杯やEUROでベスト8や3位では満足のできる成績ではなかったのだろう。日本だけでなく、ブラジル以外の国からすれば羨ましくなるほど高い目標設置だ。そして14年ブラジルW杯では王国を粉砕して4度目の世界王者に輝く。コンフェデ杯優勝はW杯連覇への“足慣らし"といったところだろうか。

▽さて、そのコンフェデ杯だが、今大会を最後に大会方式の見直しが検討されている。夏の開催だと今回のドイツのように、“2軍"チームを送り込んでくる可能性が広まるのと、次回のW杯はカタール開催のため、コンフェデ杯もW杯同様に11月〜12月開催になることが予想されているからだ。

▽国内リーグの日程を2年連続して秋春から、春秋開催に変更することへの抵抗感。それにともなうCLやELの日程調整など、ヨーロッパの国々からすれば大きな負担になる。一番手っ取り早い解決策は、最近もFIFAの内部調査で招致に疑惑のあったカタール開催を取りやめ、招致に手を上げた日本やアメリカで開催すること。

▽しかし、それも早く決めないと代替国の準備は間に合わない。さらに現在のカタールは、政治的・宗教的な対立からサウジアラビアを始めUAEなど中東5カ国から国交を断絶され、人的にも物資的にも交流が滞っていると聞く。まだ22年のW杯まで5年の猶予があるものの、果たして間に合うのか。最近のFIFAは民主的になったものの、以前のような強力なリーダーシップを発揮できていない印象があるだけに、こちらも気になるところだ。【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。