TOKIO 松岡昌宏、JUMP 睫斃彩蕁薮宏太の言動を指摘 「お前らトニセンの匂いがする」

写真拡大

 『TOKIOカケル』(フジテレビ系)の7月6日放送分に、Hey! Say! JUMPの有岡大貴、岡本圭人、睫斃彩蕁¬宏太の4名がゲスト出演し、グループの存続を揺るがす最大のケンカがあったことを明かした。

参考:Hey! Say! JUMP 知念侑李、関ジャニ∞ 横山裕との“思い出”語る「あのキスは忘れられない」

 番組序盤、山田涼介がTOKIOにあてた手紙によって、各メンバーの特徴が紹介される。手紙で「発言は小一の女子です。どの野菜でもサラダっていっちゃうような奴です」と紹介された睫據M岡が「(睫擇蓮砲燭泙縫ネエ言葉になっちゃう」と睫擇僚の子っぽい一面を明かすと、睫擇呂修譴鯣歡蝓しかし、国分から「ジャニーズの中で誰が好き?」と聞かれた睫擇、「いや……長瀬くん」と恥ずかしそうに回答すると、松岡昌宏が「今の言い方は本気だぞ」とオネエ疑惑にますます拍車をかけた。

 続けて、元男闘呼組の岡本健一を父に持つ岡本圭人は、「すぐにお父さんをチラつかせてきます」と紹介される。岡本圭人が生まれた時に抱っこしたことがあるというTOKIOメンバーに対し、岡本は「TOKIOの皆さんは緊張しないんですけど、メンバーといると緊張する」と告白。緊張しない理由を問われた岡本が「こっち(TOKIO)はなんか大丈夫」と答えると、国分が「今さ、『こっちはなんか』って言われたらちょっと頭にくるよね! でも先輩がいるから怒れないみたいなところあるでしょ」と本音をこぼした。

 仲が良いことで有名なHey! Say! JUMP。しかし、グループ存続を揺るがすほどのケンカが、中島裕翔と山田涼介の間であったという。有岡が、ケンカの理由を「ちく痛(※乳首が痛くなる症状を指す)でケンカになったんですよ」と説明。「みんな痛いのを知っていて、ちょっかい出しあうんですよ。それで山田と裕翔が、僕らがデビューしたバレーボール(『ワールドカップバレーボール2007』)の本番前にちく痛を触り合ってケンカになったんです。山田もブチ切れて椅子をバーン! って蹴るみたいな」と当時の状況を解説した。すると藪と睫擇「俺らはその時ちく痛終わってたんだよな」「冷静に見てました」と語り合うと、松岡がふたりに対して「お前らトニセン(20th century)の匂いがする」と指摘した。

 次回7月12日の放送回では、山下智久がゲスト出演する。(向原康太)