記者会見に臨んだポドルスキ。日本語での挨拶を披露した。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ヴィッセル神戸に完全移籍で加入した元ドイツ代表の10番、ルーカス・ポドルスキが7月6日に来日。神戸市内で入団記者会見に臨んだ。
 
「こんにちは。ポドルスキです。よろしく」
 記者会見での第一声は、練習してきた日本語での挨拶となった。
 
 続いて、クラブの三木谷浩史会長が挨拶し、「間違いなく世界のトップストライカーのひとり。世界のトップリーグでトップクラスの成績を残した選手がJリーグに新しい風を吹き込んでくれることを大変期待している。ヴィッセル神戸にとっても、Jリーグにとっても新しい出発になると思っている」などと語り、ポドルスキへの期待とともに、Jリーグ全体への波及効果にも期待を寄せた。
 
 続く質疑応答でポドルスキは神戸を移籍先に選んだ理由について、次のように語った。
「家族会議をしてこちらに来ることを決めたが、(昨年)11月に三木谷会長からも熱烈なオファーをいただき、それも大きな理由のひとつになった。それと神戸がどういうところかもインターネットを通じていろいろ調べて、大変気に入り決心しました」
 
 また、到着した神戸での最初の印象や、ファンの歓迎ぶりには「たくさんの人に迎えていただき、とても誇りに思っている。日本は空港も清潔で、何もかもがきちんと整っている。いい気分で到着できた。大勢の人が迎えてくれたが、とくに子どもたちがたくさん来ていて嬉しかった。これから2年半こちらにいることになるが、サッカーだけでなくいろいろな日本の文化についても学んだり、経験したいと思う」と語った。