<ラブホテルの復活で、ハバナの恋人たちも財政難の政府も救われる!?>

キューバ政府は、お金のない若い恋人たちに逢い引きの選択肢を与えようと、ラブホテルを復活させようとしている。

7月3日付けのキューバ共産党(CTC)系新聞トラバハドーレスが伝えたところによると、政府は、スペイン語で「ポサダ(宿)」と呼ばれ、かつて人気を誇った国営ラブホテルの一部を復活させる予定だ。

首都ハバナにはかつてポサダがたくさんあり、2人きりになれる個室を時間単位で借りることができた。ポサダは19世紀末にキューバに登場し、1990年代後半に人気が高まった。1973年までに、少なくとも60軒のポサダがハバナに開業したというが、1991年のソ連崩壊後、数は急減。主要な輸出先を失い、経済危機に陥った上、ハリケーンが襲来してその多くが被災者用の住宅に転用された。

【参考記事】カストロ前議長の死でキューバ改革加速か、カギ握るのはトランプ?
【参考記事】アメリカと和解したカストロ政権の大ばくち

国営ラブホテルの代わりに民間企業が参入したが、料金は3時間5ドルと、月給が25ドル程度の平均的な市民にとっては非常に高額だと、地元紙が伝えている。

ハバナ州住宅供給公社でディレクターを務めるアルフォンソ・ムニョス・チャンは、すでに再開一軒目となるポサダの建設を決めている。「『ベント・ホテル』という名称の2階建て、浴室付きの客室16室を備えた施設からスタートする」と、地元紙に明かした。

各部屋にはエアコン、テレビ、ミニバー、電話が設置されるなど、9月の開業に向け準備が進んでいる。ホテル・ベントの運営管理者、マリア・スターリングは「市民の需要に応える、とても便利なサービスになる」と同紙に語った。

今後さらに、少なくとも2軒が開業する予定。チャンは「若者たちの愛に火を付けるんだから、儲からないわけがない」と語った。

【参考記事】孤独な共産主義国、キューバ
【参考記事】歴史を軽視した革命思想から解き放たれ、初体験は55の夏


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!

ご登録(無料)はこちらから=>>


ソフィア・ロット・プレジオ