サバンナの八木真澄

写真拡大 (全5枚)

お笑い芸人のサバンナ八木真澄・なかやまきんに君レイザーラモンHGがゲスト担当。6日、東京・渋谷MODI内にオープンした期間限定ショップにその3人が訪れ、缶チューハイを楽しめる「氷結RICEBOXスタンド」のPRを行った。

コンビの垣根を越えた特別グループを結成。“カズニョロ”こと小籔千豊が企画した特別ユニットで、筋肉自慢の芸人・3名を集めていた。

自慢の肉体美と個性ある顔立ちは、ファッショナブルな洋服とサングラスでカモフラージュ。小籔が考えたモデルユニットとしてイメージ、粋な演出が指示されていた。

3人は、キリンのチューハイ缶飲料「氷結」と森永製菓の氷菓「ICEBOX」と組み合わせる"夏らしい楽しみ方"を提案。昨年、SNS上で盛り上がった動きが、今年も公式コラボレーションとしてスタートしており、今回は、1缶の「氷結」を複数の「ICEBOX」を持ち寄り、"仲間でシェアしてみよう"と訴えていた。

その"シェア飲み"を紹介する、ポーズ披露に移った場面、一発勝負で決めなければいけないところを何度もミスを犯し、NGを連発。関係者をヤキモキさせてしまった。

イベント直後の囲み取材で、NGを連発させてしまったことで、謝罪を促される様子もあった。

八木は、そこで、ミスを連発したHGを気遣って、謝罪の気持ちを込めたギャグを披露。動物のサイの角を指で形づくり「ごめんなサイ」と言って、パフォーマンスを決めた。

▼ サバンナ八木(写真中央)による、謝罪ギャグ「ごめんなサイ」



「僕には、1000個のギャグがあるけど、初めての謝罪ギャグになった」と感想をもらし、笑いを取っていた。

期間限定ショップ「氷結RICEBOXスタンド」は、東京・渋谷MODIの1階にて、本日15時からオープン。7月9日・夜9時までの営業がスタートした。

▼ なかやまきんに君、サバンナ八木、レイザーラモンHG

「氷結RICEBOXスタンド」オープニングイベントより