部屋干しのコツは洗剤選びも重要♪ 嫌な臭いを残さない干し方アイデア

写真拡大 (全19枚)

梅雨時や悪天候が続く冬の日など、洗濯物を部屋干ししなければならない時がありますよね。でも、乾くのに時間がかかったり、嫌な臭いが残ったりと、部屋干しには特有の悩みがつきもの。そこで、そんな悩みをすっきりと解消できる、さまざまなアイデアを集めてみました♪



元の記事を見る

主婦の6割は、部屋干しに工夫を凝らしています!

■ 部屋干しのデメリットを知っていますか?

なんと部屋干しをした際のダニ発生率は2倍になるという数値が!カビ発生の原因にも。ただ部屋干しするのは避けたいところ。みんなは、どんな工夫をしているか、ぜひ参考にしてみてください。

■ 部屋干しに困らない洗濯機をお探しなら
https://kurashinista.jp/column/detail/3179

部屋干し最大の敵!生乾きで発生する臭い対策

■ 生乾きによる臭いの原因

生乾き(干しても、全部が乾いていない状態)は、雑菌が増殖し、あの嫌な臭いの原因に。まずは臭い発生を抑えるための対策をご紹介します!

■ 洗濯槽をこまめに清潔にする

臭いの原因となる雑菌やカビを洗濯機にため込まない、これが大切です。そのためには、洗濯槽をクリーナーなどでこまめに清掃しましょう。さらに糸くずフィルターも頻繁にきれいにすることがお薦めです。

■ 洗濯機に湿気を貯めず、乾かす

洗濯機を洗濯かご代わりにして汚れものを長時間入れておいたり、洗濯後に扉を閉め切ってしまうと、雑菌が増殖する原因に。使用時以外、洗濯機はできる限り乾燥させるよう心がけましょう。

■ 除菌や消臭効果のある空気清浄器を使う

除湿器を利用している方は少なくありませんが、実は空気清浄器も部屋干しには効果的。近頃は、除菌や消臭などの効果がある空気清浄器もいろいろと市販されています。それらの空気清浄機が空気をきれいにしてくれるだけでなく、部屋干しの臭いも防いでくれます。

■ 洗濯が終わったら、放置せずに素早く干す

洗濯が終わっても、しばらくほったらかしにしていませんか?洗濯槽に入って濡れたままの洗濯物には雑菌が繁殖しがちですし、洗濯槽にカビが生える原因にもなります。洗濯が終わったら、できるだけ早めに干すように心がけましょう。

次は洗剤選びをご紹介します!

部屋干しする前にできる対策、洗剤選び

■ 汚れも臭いも消し去る洗濯用洗剤を使う

現在市販されている洗濯用洗剤には、汚れを落とす強力な洗浄力に加え、高い消臭効果をもつ製品が増えています。臭いを徹底的に消去したり、洗濯物の乾燥中に臭いを残さない、などという洗濯用洗剤は、部屋干しの強い味方になるでしょう。

■ 酸素系漂白剤を併用して洗濯する

コストコやホームセンターなどで販売され、万能クリーナーとしても人気の高い酸素系漂白剤のオキシクリーン。洗濯する際に洗濯用洗剤と併せて使用するだけで、部屋干ししても臭いが残らないと評判を集めています。

除湿・乾燥機を部屋干しに利用しましょう

■ 乾燥機を賢く上手に使いこなす

全自動乾燥機はあるけれど、電気代が高そう…。そんな理由で乾燥機を利用していない方は少なくありません。そこで時短乾燥できるコツを1つ。濡れた洗濯物と一緒に、乾いたバスタオル1枚を入れて乾燥機を使うと、通常よりも10分短く洗濯物が乾燥しますよ。

部屋干しのコツは干し方にあり!

■ ハンガーにハンガーを掛けて使う

部屋干しのスペースが限られている時におススメなのが、ホール付きハンガー「Ramoホールハンガー」。そのままハンガーとして使えるだけでなく、ハンガーについているホールに別のハンガーを掛けられる優れものです。

■ 新聞紙を洗濯物の上下に敷く

除湿器や乾燥機などを使わず、手軽に除湿できるアイデア。画像のように、新聞紙をハンガーの上や洗濯物の下に敷くだけで、乾燥時間がぐっと短くなります。新聞紙の除湿パワーは本当にすごいですよ♪

■ 針金ハンガーを反らすように曲げて、シャツの風通しをよく

クリーニング店に出した服と一緒に付いてくる針金ハンガー。これを上手に利用しましょう。針金ハンガーは自由自在に変形できるのがメリット。例えば、ハンガーを反らすように曲げると、掛けた洗い物の身頃部分に空洞ができ、風通しが良くなります。

■ ジーンズなど厚手の洗い物には2本の針金ハンガーを

ジーンズなど、厚手の洗い物はなかなか乾きにくいですよね。そんな時にお薦めのアイデアがこちら。2本の針金ハンガーを十字に組み合わせ、上部をテープなどで固定します。このクロスハンガーを使えば、生地が重なる部分も少なく、厚手のジーンズの乾きもずっと良くなります。

■ 取り外しOKのステンレスパイプを物干しざおに使う

たくさんある洗濯物を部屋のどこに干せばいいか、お困りではありませんか?だったら、ステンレスパイプを利用した、こんな室内ハンガーを利用してはいかがでしょうか。物干し金物を天井に設置しておけば、必要な時だけステンレスパイプを通して洗濯物を干すことができます。

■ 鴨居用フックを利用してハンガーを吊るす

100均ショップやホームセンターなどで購入できる鴨居用のフックはとても便利なアイテム。画像の水色の大きなピンチは100均ショップの商品です。これを鴨居に掛け、下の輪にハンガーを掛けます。カーテンレールに掛けるよりも、風通しが良く、安定感もあるのでお薦めです。

■ カーテンブラケット&突っ張り棒を利用する

天井に取り付けられたのはカーテンブラケット、そこに渡されているのは突っ張り棒。部屋干し専用のセットを購入するよりもお得な代替アイデアです。洗濯物がない時は、突っ張り棒を取り外して観葉植物を吊るすなど、お部屋のデコレーションにも活用できます。

■ 洗濯ばさみを使って効率よくバスタオルを部屋干し

洗濯もののなかでも大敵なバスタオル。風通しをよくすることで乾きを少しでも早く!手軽に真似できますね。

■ 下着の部屋干しはピンチハンガーで

マグネットフックとピンチハンガーを使えば、スペースをとらず普段は見えない部屋の隅で部屋干しができます。盗難防止にも有効です。

■ ぬいぐるみの部屋干しは窓辺でつるして

お洗濯といっても、衣類だけではありません。万が一、梅雨の時期に汚れてしまった際はしっかり汚れをふき取って部屋干しをしましょう。方法は、いたって簡単。お洗濯ネットにいれてつるすだけ♪

以上、快適に部屋干しするための多彩なアイデアをお伝えしました。今日から簡単に実践できるアイデアもいくつもありますから、みなさんもぜひお試しください!