真木よう子

写真拡大

5日放送の「ホンマでっか!? TV」(フジテレビ系)で、女優・真木よう子が、ブラックマヨネーズ小杉竜一に鋭いヒザ蹴りを浴びせた。

番組では「夏に使える男性を落とす女性のモテ仕草ランキング」を特集し、7月開始の新ドラマより女優たちが集結して、自らその仕草を実践した。その中で「モテ仕草」の第3位は「サンダルで靴ずれをした時は肩支えソフトニーキック」で、これは靴ずれを理由に女性が男性の肩にもたれかかり、足を密着させて親近感を高めるというものだ。

司会の明石家さんまが、真木に渡部篤郎を相手に実演を指名すると、真木は「私は全然出来ますけど」とするも「渡部さんだとやっぱり失礼になってしまうので…」と、4位で相手役だった小杉を逆指名。小杉は「おかしいでしょ?!」「なんかボケ思いついただけちゃうのソレ?!」と何をされるのかと恐れつつも、渋々了承。

並んで登場したふたりは、サイズ感に違和感もありつつも実演。真木が「ちょっと待って。靴ずれしちゃった」と小杉の肩に手を置き、即座に鋭いヒザ蹴りを食らわせた。予想外の行動だったのか、小杉は「あ痛っ!!」「何してんねん!」と、ボケることも出来ずに悲鳴をあげるのみだった。

その様子を見たマツコ・デラックスをはじめ、スタジオの出演者が爆笑に包まれる。小杉は苦痛のため片足を押さえ、身動きが取れないでいた。

最近自身のTwitterを開設した真木は、この放送に言及。寝ていたため視聴はしていなかったようだが、「見たよ」という反響がすごかったよう。投稿の返信欄にも「膝蹴り最高でした」といった称賛のコメントが相次いだ。
【関連記事】
ブラックマヨネーズ・小杉竜一が小出恵介の騒動で招いた誤報を否定
泉ピン子の「首の揺れ」を脳科学者・澤口俊之氏が指摘「ドーパミンが不足」
明石家さんまが34歳にして自動車免許を取得した理由「GWのおかげ」