加入会見を行ったルーカス・ポドルスキ【写真:舩木渉】

写真拡大

 J1のヴィッセル神戸は6日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの加入会見を神戸市内で行った。

 W杯も制したビッグネームということでJリーグでの活躍も期待されるが、ポドルスキは「プレッシャーには慣れている。心配はしていない。チームメイトが助けてくれることを願っている」と強気な姿勢を示した。

 ケルン時代には、現浦和レッズの槙野智章ともチームメイトだったポドルスキ。「槙野はケルンで一緒だったけど、とても面白い人だった。よく冗談を言っていたね。どこかで対戦するのを楽しみにしているよ」と明かした。

 また、「ファンの人々にはこれまでにトレーニングしたことを全て披露できるように頑張りたい。経験を伝えることも大切だ。たくさんのゴールをお見せしたいし、楽しんでプレーするところを見ていただきたい」とサポーターに活躍を誓っている。

 会見の最後には「今から神戸牛を食べにいきます!」と冗談を言って会場の笑いを誘った。

text by 編集部