画像提供:マイナビニュース

写真拡大

フジドリームエアラインズ(FDA)は11月、茨城=種子島を結ぶチャーター便を運航する。FDAによる茨城空港からのチャーター便は、2016年の稚内、久米島・宮古島に続き今回3回目であり、種子島へのチャーター便は、今回が初めてとなる。

また現在、同チャーター便を利用した種子島と屋久島を周遊する2泊3日の旅行商品「よみうりチャーター便で行く! 世界遺産の島『屋久島』と鉄砲伝来の島『種子島』3日間」が販売されている。同ツアーは2泊3日で、11月10〜12日と11月13〜15日に実施。旅行代金は温泉2泊7食付きで、11万9,800円(2〜4人一室)〜13万9,800円(ひとり一室)。7月15日までに申し込めば、ひとりあたり1万円引きとなる。

FDAは静岡空港と名古屋(小牧)空港を拠点に、国内線定期便16路線(2017年6月27日現在)を展開している。同社の機材はエンブラエル170(76席)と175(84席)となる。