ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

写真拡大

全英3回戦進出、聖地での躍進に自信「正しい方向に進んでいる」

 男子テニスのウィンブルドン2回戦で世界ランキング4位のラファエル・ナダル(スペイン)がドナルド・ヤング(米国)を3-0のストレートで下し、3年ぶりに3回戦進出。ATP公式サイトによると、ナダルは「正しい方向に進んでいる」と聖地での躍進に自信を見せている。

 センターコートに立ったナダルは6-4、6-2と2セットを危なげなく取り、第3セットこそヤングの抵抗にあったものの、7-5と粘り切った。

 昨年は欠場。2012年から4年連続で世界ランキング100位以下の相手に敗戦するなど、近年は成績を残せていなかっただけに「僕はしっかりとした戦いをできたと思う。サーブがうまくいった。第3セットこそ少し苦しんだけど、全体的に見れば納得している。うまくプレーできたと思うよ」と及第点を与えた。

 この日はファーストサーブにおけるポイントを80%の割合で獲得。またネットプレーでも冴えを見せ、34回のチャンスでポイントを27回奪い、79%と高い成功率を誇った。

3回戦はカチャノフ戦「今は何かを心配しているわけではない」

 3回戦のカレン・カチャノフ(ロシア)戦に向けての展望を、ナダルはこう話している。

「僕は正しい方向性で戦えていると思う。自分自身、いい感じでプレーできているからね。ただ、僕はカチャノフという厳しい相手が目前に迫っている。これは自分にとってタフな試合となるだろう」

 警戒を強めた一方、手応えも示した。

「どれだけ勝ち上がれるかは分からないが、今は何かを心配しているわけではない。明日は練習日で自分としては幸せだし、明後日に試合がある。それが全てだ。それが自分の進むべき道だし、それに従っていくよ」

 3年ぶりとなる3回戦進出を果たしたナダルだが、2度のウィンブルドン制覇経験を持つ男にとって目標はさらに高いところにあるのは間違いない。