2017年夏の土用の丑の日は2回!この季節、江戸時代から鰻屋さんは大人気でした

写真拡大 (全3枚)

2017年の土用の丑の日はいつ?

土用とは、五行説の暦で次の季節が始まる直前約18日間を指します。この期間の丑の日が、よく耳にする土用の丑の日。2017年の夏の土用の丑の日は、7月25日(火)と8月6日(日)の2回。1回目を一の丑、2回目を二の丑といいます。

土用の丑の日にはうなぎを食べる習わしがありますが、香ばしいうなぎは季節を問わずいつでも食べたくなるもの。そもそも、どうして土用の丑の日に鰻を食べるようになったんでしょうか?

丑の日ってどんな意味?

元々丑の日というのは、災難を受けやすい日という意味。丑の方角の守護神は玄武という黒い神様なので、黒いものを食べようと、鰻やどじょう、ナスなどを食べたことが始まりでした。そこから、暑い夏を夏バテせず乗り切るためには、栄養価の高いうなぎでしょ!ということになったといわれています。

土用の丑の日にうなぎを食べ始めた由来には諸説ありますが、最もよく知られているのが平賀源内説。夏に売上が悪いうなぎ屋から、販売促進の相談を受けた平賀源内が、店頭に「土用丑の日、うなぎの日」と張り紙をしたところ、夏のうなぎが大ヒット。ここから夏の土用の丑の日にうなぎを食べることが定番となった、ともいわれています。

また、丑の日に「う」のつく食べ物を食べて夏バテ防止をする風習もありました。梅干し、うどん、うりなどと並んで、うなぎも食べられるようになったようです。ちなみに、梅干しとうなぎは食べ合わせが悪いといわれますが、これは単なる迷信のようで、実際は一緒に食べても問題ありません。

土用にうなぎを食べ始めた頃は、お客が店にごはんを持参して蒲焼と一緒に食べていましたが、やがてどの店もごはんを一緒に出すようになりました。

当時は神田川や隅田川でも鰻がとれていました。特に、深川や築地あたりの真水に海水が混じった汽水域で育ったうなぎは、格段に美味しかったそう。

焼き方に関東と関西の違いあり

ちなみに、関西と関東では、うなぎの焼き方も違います。関西では、腹開きにして白焼きから蒸さずにすぐにつけ焼き、関東は背開きにして白焼きにしてから蒸してつけ焼きにします。関東のうなぎが背開きなのは、腹開きは切腹を連想するので武士に嫌がられたことが理由だとか。

鰻専用の商品券まで登場するほどの人気ぶり

贈答用に蒲焼切手が作られるほど、蒲焼は大人気になりました。この蒲焼切手というのは、予め代金を鰻屋に払うと発行してもらえる切手のこと。今でいう商品券のようなもので、うなぎの蒲焼のみと交換できる仕組みで、進物用として重宝されたそうです。

蒲焼切手(早稲田大学図書館蔵)

うなぎは高級なもの?

現代では、うなぎというと高級なイメージがありますが、江戸時代では実は庶民の食べ物でした。大蒲焼という番付には、200軒を超えるうなぎの店名がずらりと並んでおり、町のあちこちに提供する店があったものとうかがえます。鰻屋は、元々が屋台から始まったものなので、庶民でも気軽に買えるものだったのです。もちろん中には、高価なうなぎもあり、高給取りの大工の日当の半分ほどのものもあったそう。そんな高価な鰻を食べられるのは、ごく僅かの人だったのかもしれません。

陽射しがきつい日も多くなってくると、なんだかうなぎが恋しくなってきますね。蒲焼切手はなくても、夏の暑さに負けないよう、うなぎでエネルギーをチャージしにいきませんか?!

参考文献:石川英輔(2001)『大江戸番付づくし』実業之日本社

参考サイト:土用丑の日|うなぎ(鰻,ウナギ)割烹料理の高橋屋