テニス、ウィンブルドン選手権、女子シングルス2回戦。勝利を喜ぶシモナ・ハレプ(2017年7月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】テニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)は5日、女子シングルス2回戦が行われ、大会第2シードのシモナ・ハレプ(Simona Halep、ルーマニア)は7-5、6-3でベアトリース・ハダード・マイア(Beatriz Haddad Maia、ブラジル)を下し、3回戦進出を決めた。

 ハレプは次戦、第25シードのカルラ・スアレス・ナバロ(Carla Suarez Navarro、スペイン)を破った中国の彭帥(Shuai Peng、ポン・シュアイ)と顔を合わせる。

 一方、全仏オープンテニス(French Open 2017)女王で第13シードのエレナ・オスタペンコ(Jelena Ostapenko、ラトビア)は4-6、7-6(7-4)、6-3で予選勝者のフランソワーズ・アバンダ(Francoise Abanda、カナダ)を破り、こちらも3回戦へ駒を進めている。

 この日行われたその他の試合では、第4シードのエリナ・スビトリーナ(Elina Svitolina、ウクライナ)と第8シードのドミニカ・チブルコバ(Dominika Cibulkova、スロバキア)も、順当に3回戦に勝ち上がっている。
【翻訳編集】AFPBB News