トラ購入で詐欺被害になった

写真拡大

金曜日にレアル・マドリードの新加入選手として発表される予定のテオ・エルナンデスが詐欺の被害にあっていたことが明らかになっている。これはテレビ番組“El Chiringuito de Jugones”のなかでエドゥアルド・インダが語ったもので、オンラインでトラを買おうとした時に被害にあった模様である。

【関連記事:レアル 若き怪物33億で獲得】

「テオ・エルナンデスは、トラをオンラインで買う目的で4,000ユーロ(約51万円)の支払いを決断したが、トラが実際に手元に届くことはなかった。これは同選手がアラベスにいた時に起きたことであり、詐欺の被害者となっている」とエドゥアルド・インダは語っている。

テオ・エルナンデスはトラも手にすることなく、お金も失ったままである。なお、このような特別な動物を飼うためには法的な手続きが必要であり、ライセンス、無犯罪証明書、心理検査をパスする必要もある。