家計全般を任されることが多い主婦。

少しでも貯金に回せたら……と、様々な節約術を取り入れたり、ちょっとの我慢をしてみたり。

だからこそ、家事の合間にふと「季節も変わるし、気分を変えたいな〜」なんて思い立つことも。

vicnt / PIXTA(ピクスタ)

しかし、いざ模様替えをしたいと思っても、なかなか値段の張るものは取り入れられないというのが現実。

そこで、世の中の主婦たちは、どのようにして季節感を取り入れた暮らしをしているのかをリサーチしてきました。

■プチプラ小物類を取り入れている人多数!

〜佳恵さん(32歳)の場合〜

「100円ショップなどで夏らしいオブジェを買ってきて飾っています! ちょっとしたことですが、それだけでも気分が変わります」

〜景子さん(30歳)の場合〜

「100円ショップだけでなく、300円ショップとか1,000円ショップのアイテムも組み合わせて模様替えをする! そこまで高くないのに、部屋の雰囲気がだいぶ変わるから嬉しい」

一部だけで満足できるのか、全体的に模様替えをしたいのかによって必要な金額は変わってきますが、いずれにせよプチプライスの雑貨なら、そこまで家計に響くことがありません。

これは、家計を任されている主婦にとっては大きなポイントだと思います。

夏ということで、貝殻やボトル、サーフボードやフルーツなど、夏を感じさせるようなアイテムをチョイスするのがオススメです。

amethyst77 / PIXTA(ピクスタ)

プチプライスの小物は、住宅事情により収納スペースが確保できないお宅でも気軽に季節感を味わうことができます。

この手軽さも嬉しいですよね!

■コスパの良さを重視するタイプも多数!

〜亜由美さん(35歳)の場合〜

「季節物のアイテムは、どのくらい長く使えるかを考慮してから購入します。やっぱり、ワンシーズンで捨ててしまうのはもったいないと思うので」

〜真紀さん(33歳)の場合〜

「季節感のある寝具類やラグを購入して、そのシーズンになると毎年そのアイテムを使います。それを使うまでに何ヶ月も間が空くので、思ったよりも飽きませんよ」

WorldWideStock / PIXTA(ピクスタ)

「ワンシーズン使い捨ては少しもったいないかも!」と考える人は、1度買ってしまえばずっと使えるコスパの良さを重視して、シーツやカーテン、ラグなどを購入するようです。

購入時にはまとまった金額が出ていきますが、その後数年間にわたり色や素材感で季節感を楽しめるので、コストパフォーマンスは抜群だと言えそうです。

収納スペースが確保でき、部屋をまるごと変えたいというような人には、細かいアイテムをたくさん揃えるよりも手軽でオススメかもしれません。

夏しか使用しないなら思い切って麻、レース、青、白などの涼しげな素材や色のものをチョイスすると良いと思います。

ちなみに筆者宅では、収納スペースがあまりないということもあり、100円ショップで購入した貝殻などをアレンジして季節感を取り入れています。

目先が変わると、いつもと同じ内容の家事であってもなんとなくやる気が出たりするものです。

少しの工夫とアイテムを取り入れて、楽しく家事を行いたいものですね!