痛々しい姿の工藤遥(画像は『モーニング娘。’17 天気組 2017年7月5日付オフィシャルブログ「疑いどころじゃない 工藤 遥」』のスクリーンショット)

写真拡大

モーニング娘。10期メンバーの工藤遥(17)が7月5日、『モーニング娘。’17 天気組オフィシャルブログ』にて片手を包帯でぐるぐる巻いた姿を公開した。「包帯(合法で中二病)」などというが、その表情は辛く悲しげだ。ファンも「マジで大丈夫か! 最初はふざけてていつもの中二病かと思ったよ! 笑 本当にヤバいんだね! ちゃんと治そうね!」と心配している。

前日にはボス的な蚊に3か所刺され腫れてしまい「生活に支障が出そうなレベルなんですヨ」と明かしていた。ただ「蚊にまでモテちゃうなんテ〜! 罪な女だワ〜!」と口にして母親から「蚊にまで? 蚊にだけ。でしょ?」と酷いことを言われたとボヤく元気があった。

ところが痒かったので掻きむしって「とびひ」になり、病院で「他の人にも移るから、カバーしとこうね!」と包帯を巻かれたそうだ。メンバーからはバカにされているというので、患部に包帯をしていること以外は普段どおりなのだろう。

そんな彼女を「とびひつらいよね。早く治るといいね」と励ましつつ「中二病じゃないけど包帯と眼帯には憧れるよ!」というコメントも寄せられている。工藤遥と言えば「中二病」のイメージがすっかり定着しているようだ。

画像は『モーニング娘。’17 天気組 2017年7月5日付オフィシャルブログ「疑いどころじゃない 工藤 遥」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)