『スパイダーマン:ホームカミング』より。初来日が決定したスパイダーマンことピーター・パーカー役のトム・ホランド (C) Marvel Studios 2017. (C) 2017 CTMG. All Rights Reserved.

写真拡大

スパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』で主人公のスパイダーマンことピーター・パーカー役を演じる21歳の英国俳優トム・ホランドの初来日が決定した。

[動画]スパイダーマンはアベンジャーズになれるのか!?『スパイダーマン:ホームカミング』予告編

本作はアイアンマンに憧れ、アベンジャーズの一員になりたいという情熱だけは誰にも負けないが、まだまだヒーローとしては未熟な15歳の高校生ピーター・パーカーが、スパイダーマンとして、真のヒーローに成長していく様子を青春ドラマも交えて描いたアクション大作。

ホランドは、スパイダーマンの生みの親スタン・リーをして「スパイダーマンの役をやるために生まれてきた!」と言わしめるほどの逸材で、アイアンマンことトニー・スターク役のロバート・ダウニーJr.も「トム・ホランドを見つけたのはとてつもない偉業だ!」と絶賛。マーベルスタジオ製作社長ケビン・ファイギも「トム・ホランドは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でスーパーヒーローの座を1人でかっさらった。今存在するもっとも素晴らしいヒーローだよ!」と太鼓判を押している。

そんなホランドは今回の初来日について「すごくエキサイティングだよ! 日本にはずっと行きたかったんだ。今まで経験したことがない日本の文化を経験できるなんて最高にうれしいよ!」と語り、日本のファンに向けて「日本のみなさん、お元気ですか? トム・ホランドです。僕は新しいスパイダーマンを演じています。日本でみなさんに会えることにとてもワクワクしています。日本のみなさんに会って、素晴らしい時を過ごすことをとても楽しみにしています!」とのコメントを寄せている。
 
なお、8月7日にはホランドも登壇予定のジャパンプレミアが開催される。『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日より全国公開となる。