元バルセロナのリエラ弟、楠神順平と同僚に!

写真拡大

ウェスタンシドニー・ワンダラーズは、「デポルティーボ・ラ・コルーニャから、FWオリオル・リエラを獲得した」と公式発表した。

オリオル・リエラは1986年生まれの31歳。あの元スペイン代表MFアルベルト・リエラの実弟として知られる選手だ。

ユース時代はバルセロナで過ごし、Bチームまで昇格するも20歳で退団。その後はセルタ、コルドバ、アルコルコン、オサスナ、ウィガン・アスレティックなどでプレーした。

2015年からはデポルティーボ・ラ・コルーニャに所属しており、昨季は古巣オサスナへのローン移籍を経験。そして今夏オーストラリアへと渡ることを決断したようだ。

現在櫛引順平が所属しているウェスタンシドニー・ワンダラーズは、トミ・ユリッチの退団以来ブレンドン・シャンタラブ以外のFWが当たらず苦戦。

今夏は元オランダU-19代表MFロリー・ボネファシアとオーストラリア代表DFマイケル・スウェイトを獲得しており、リエラが3人目の補強となる。

なお、ウェリントン・フェニックスに所属していたアルベルト・リエラ(現オークランド・シティ)は、彼の兄とは全くの別人である。