Gカップをドアップで!高橋真麻の胸ショットにささやかれる「巨大化」の声

写真拡大

 推定Gカップの豊かな胸で知られる高橋真麻の胸が、さらに大きくなっているのではないかという疑惑が持ち上がっている。

 豊かな胸ファンが注目したのは、7月3日付のブログ「可愛い!」のエントリーに投稿された2枚の写真。「有吉弘行のダレトク!?」(フジテレビ系)の撮影で着用した衣装を「この衣装、蝶々が飛んでいます!可愛い」と報告するショットだ。

 真麻が着ているのはノースリーブのシャツで、花や蝶などの柄が描かれている。その蝶をアップで見せようとしたところ、彼女の胸に接写するアングルになったようだ。1枚目は正面から捉えたもので、パツパツに張った胸と真っ白な胸元、そして見事な胸の渓谷が見て取れる。

 2枚目は斜めから胸の部分だけをドアップで写していて、大きく張り出した胸のラインが手に取るようにわかる。

「蝶を見せたかった、というより胸を見せつけたかったのではないかと思えるショットです。真麻の胸に顔を近づけて、ガン見しているような気持ちが味わえます。よくぞこのショットを公開してくれました」(豊かな胸に詳しい週刊誌記者)

 さらに「以前より大きくなっているのではないか」という声も上がっている。真麻はこれまで推定Gカップとされてきたが、それ以上になっているのではないかと見られているのだ。この疑惑に前出の週刊誌記者は答える。

「うーん、気持ち大きくなっているかもしれませんが、大幅なアップはしていないと思います。写真が胸に寄ったショットでふくらみを見事に捉えられているので、大きく見えるのではないでしょうか」

 大きくなったのか、それとも以前のままキープか? 真相はわからないが、「真麻の胸がすごい!」ということだけは真実のようだ。