画像

写真拡大 (全2枚)

 VR・AR専門組織のhakuhodo-VRARは、建仁寺が所蔵する俵屋宗達作「風神雷神図屏風」に複合現実の技術を応用する研究を実施する。鑑賞者がホロレンズを付けて図屏風を見ると、作品の背景を説明する3D映像が鑑賞できるようにする。

 博報堂と博報堂プロダクツによるVR・AR専門組織のhakuhodo-VRARは、京都市東山区にある臨済宗建仁寺派大本山建仁寺が所蔵する、俵屋宗達の手になる国宝「風神雷神図屏風」をモチーフとした共同研究を建仁寺と開始する。本研究は文化財にMixed Reality(複合現実)の技術を応用するもの。

 本共同研究でhakuhodo-VRARは、国宝「風神雷神図屏風」を描いた俵屋宗達の意図や作品に込めた願い、題材となった「風神雷神」の由来、後世への影響を3Dグラフィックで表現し、建仁寺の「風神雷神図屏風」上に表示させる。

 鑑賞者はマイクロソフトのホログラフィックコンピュータ「Microsoft HoloLens」を着用することで、「風神雷神図屏風」と3Dグラフィックを重ねて鑑賞できるようになる。今後については、建仁寺での一般公開や、京都国立博物館での公開などを検討しており、早ければ年内に実施する予定。

MarkeZine編集部[著]