テニス、ウィンブルドン選手権、女子シングルス2回戦。リターンを打つ大坂なおみ(2017年7月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】テニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)は5日、女子シングルス2回戦が行われ、大坂なおみ(Naomi Osaka)が6-1、0-6、6-4で大会第22シードのバーバラ・ストリコバ(Barbora Strycova、チェコ)を下し、3回戦進出を決めた。

 フルセット勝ちを収めた大坂は次戦、第10シードのヴィーナス・ウィリアムス(Venus Williams、米国)と激突する。同大会で5度の優勝経験を誇るヴィーナスは同日、中国の新鋭である王薔(Qiang Wang、ワン・チャン)に4-6、6-4、6-1で逆転勝ちしている。
【翻訳編集】AFPBB News