汗ばむ季節はニオイが気になりますよね。「汗臭いなんて思われたくない!」と思ってあわててデオドラント剤や香水をつけまくっていると、周りから迷惑がられることがあります。人によってはそのニオイがきつく感じることもあるので、汗臭いだけでなく、嫌なニオイだと思われてしまいます。
そうならないためにもオススメなのが、精油の存在。精油はエッセンシャルオイルとして知られていますが、その香りは男子もうっとりするほど実はモテ効果がある、って知っていましたか? しかも、もしかすると香水よりもモテ効果があるかも!? ということで今回は、香水より精油がオススメな理由についてご紹介します。

1: 思わず振り向きたくなる香り

道ですれ違う女性から良い香りが放たれたら、つい振り向きたくなってしまうのが男心。香りは脳を刺激するため、本能的にひきつけられるものなのです。汗臭いニオイでは逆の意味で振り向かれることもあるので、注意が必要です。
「精油は女性が興味あるもの」と思いがちですが、実は男子も精油の香りを好みます。特にラベンダーの爽やかな香りや、オレンジのリフレッシュできる香りはとても好まれます。そのような香りがするだけで、思わず振り向きたくなるほど。
「なんかいい香りがするね」と言われる可能性が大! 汗ばむ季節だからこそ、周りと差をつけるためにも男子が好む精油をつけるのがオススメです。

2: こもりがちな室内が爽やかになる

精油は揮発性が高く、外の空気に触れるとすぐに蒸発しやすいデリケートなオイルです。しかし、お肌に塗布すればなじみが良く体内に浸透してくれます。そのため、香水と違ってほんのりと優しく香ります。
また、洋服に少しつけておくだけで、生地についた精油が一日中蒸発し続けて良い香りを放ってくれます。お肌や洋服にちょこっとつけておけば、電車の中や社内でも良い香りがあなたから香るでしょう。湿気の多い夏は車内もオフィスも蒸したり乾燥したり、さらに汗のニオイや雑菌の臭いニオイが蔓延します。そんな中精油をつけていたら、臭いニオイを避けたい人たちがあなたに近寄ってくるかもしれません。

3: 自分自身も癒やされる

周りのニオイが気になる人ほど、香水やデオドラント剤より精油がオススメです。それは、化学物質の入ったものだとだんだんと嫌なニオイに変わることもあるからです。
特に、殺菌作用のあるラベンダーやローズの精油はとてもオススメ。自らが良い香りなら周りの嫌なニオイも気になりません。さらに自分自身を癒やしてくれるので、ストレス、睡眠不足による疲れも思わず吹き飛んでしまうかも。
まずは自分が癒されるために精油をつけてみては? そうすることで、自然と周りもハッピーになることでしょう。