レアルのコエントラン、スポルティング加入決定…1年レンタルで母国へ

写真拡大

 レアル・マドリードのポルトガル代表DFファビオ・コエントランが、スポルティングへレンタル移籍で加入することが合意に達した。移籍期間は2018年6月30日まで。両クラブが5日に発表した。

 現在29歳のコエントランは2011年夏、スポルティングのライバルであるベンフィカからレアル・マドリードへ加入。モナコへレンタル移籍で加入した2015−16シーズンを除き、5シーズンに渡ってレアル・マドリードでプレーした。ただ、度重なる負傷に苦しんだ影響もあり、通算106試合出場にとどまっている。昨シーズンは公式戦出場が6試合のみだった。

https://twitter.com/realmadrid/status/882572649821593600

 スポルティングの発表によると、コエントランは5日の午前中にチームに合流。午後にはトレーニングに参加し、新天地での第一歩を踏み出した。リーガ・エスパニョーラで20試合以上に出場したシーズンは一度もなく、思うような活躍を見せることができなかったコエントラン。母国で迎える新シーズン、コンスタントにプレーをすることはできるだろうか。

https://twitter.com/Sporting_CP/status/882570014703968257