アカウントを凍結された外山恒一氏がツイッター社に直接抗議に行ったら、あっさりと解除された顛末

写真拡大

 2017年6月23日、都議選開始の日に都議選とまったく関係ない外山恒一氏があえてテロリストを自称し「共謀罪反対」の街宣をやるようだ――。そんな情報を聞きつけた我々は街宣車に同乗し取材を行っていた。その途中、都内某所で街宣車を停める外山氏。

 何でも、ツイッターのアカウントを数か月に渡り凍結されており、メールを送っても埒が明かず、これからツイッター社へ直接抗議に行くとのこと。「取材に来ますか?」と言われたが、路上での街宣を取材するならまだしも、この件で私企業内にアポなし取材の形で侵入する大義はないと判断。「それには我々は関与しません」と街宣車の中で待機することに。どうせ急に会社を訪れても対応されないだろう、と高をくくりながら待つこと40分ほど、戻ってきた外山氏は「試合に勝って、勝負に負けた」と微妙な表情を見せることとなった……。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1358544

――都議選期間中の街宣(参照記事:「『共謀罪をものともせず』自称テロリスト・外山恒一が都内を街宣中」)、お疲れさまでした。

外山:べつに都議選に合わせてやってたわけではありませんよ。都議選とは何の関係もない用事で上京して、たまたま時期が重なっただけです。ふだん九州でやってるのとまったく同じスタイルの街宣を、“都議選をものともせず”敢行したまでのことです。都議選は終わったようですが、私はまだあと10日間ぐらい東京に滞在するんで、その間はなるべく毎日続けますし(笑)。

――“都議選とは関係のない用事”の1つに、Twitter Japan社に“直接抗議”に押しかける、というのもあったわけですか? ネット上というか、まさにTwitter上でちょっと話題になってたようですが……。

外山:ほんとはもっと大騒ぎにしてやるつもりだったんですけどね。始めるやいなや収束してしまったのは誤算でした。

――アカウント凍結の解除を要求しに行ったんですよね? 凍結されたのは、やっぱり何か過激なツイートが原因ですか?

外山:滅相もない。単にいわゆる複数アカウント問題ですよ。私個人の名義のアカウントと、私が主宰してるオソロシイ革命結社である「九州ファシスト党〈我々団〉」名義のアカウントと、2つ持ってたのをTwitter当局に見とがめられただけです。

――えっ、たった2つですか!? 10コも20コもアカウントを持ってるような人だっていくらでもいますよね?

外山:匿名でやってる人は摘発されにくいんでしょう。私が腹を立てたのも、1つにはそういう側面に対してです。実名で責任を持って発言してる人間がむしろそのことで不利益をこうむりやすいのがネット社会ですが、今回のTwitterの対応も、そういう傾向を助長するものと感じました。

――そもそも複数アカウントは禁止されてるんでしたっけ?

外山:どうもそうではないようなんです。複数アカウントの使用を理由に凍結されたんだと分かって、改めて「Twitterルール」というページにどういう記述があるか確認してみたんですが、「複数アカウントの不正利用」という項目があって、その中に「同一ユーザーが重複使用を目的として複数のアカウントを作成すること、または1つのアカウントが一時的または永久凍結された場合に備えて別のアカウントを作成することを禁じます」との文言がありました。つまり禁じられているのは「不正利用」であって、複数アカウントの利用それ自体が禁止されているわけではないんです。

――「同一ユーザーが重複使用を目的として」、要はおそらく情報や意見の拡散のために複数のアカウントで類似の内容の投稿を繰り返すようなことが想定されているんでしょうね。

外山:ええ。もちろん私はそういう使い方はしてません。個人名義のアカウントは、私の意見を表明したり、活動報告や、イベント開催の告知など、ごく普通の使い方をしていました。〈我々団〉名義のアカウントは、主にリツイート用です。Twitterを見ていると、面白いツイートはたくさん目に入ってくるじゃないですか。そういうのはなるべくリツイートして広めたいんですけど、あんまりやるとフォロワーのタイムラインを占拠しちゃって鬱陶しがられるかもしれないでしょ? だからリツイート用に別のアカウントを作って、私個人の発言だけでなく、私がどういうことを「面白い!」と感じるのかにも興味のある熱心なファンはそっちもフォローしてください、ということにしてました。

――それはかなり珍しい使い分けのように思いますが、「不正利用」というか、“悪用”的な使い方では全然ありませんね。

外山:だからTwitter当局宛に「不正利用にはあたらないでしょ?」と書き送って、凍結解除を求めたんです。ところがナシのツブテというか、あからさまな自動プログラムによる、とりつく島もないような「とにかくアカウントは1つに絞れ。さあどれを選ぶ?」みたいな回答が来て、それに「いやいやそういう話じゃないでしょ」とまた返信しても、やっぱり露骨に自動プログラムなメッセージが届くという、実に不愉快なループに放り込まれてしまったんです。詳しいことは私がやってる「web版『人民の敵』」ってサイトで報告してあります。とにかくこれではラチがあかんと思ってTwitter Japan社に直接出向いたわけです。

――そもそもいつ凍結されたんですか?

外山:3月です。たしか3月10日ごろだったと思います。

――へー、じゃあ3か月以上も凍結されてたんですか。かなり長いですね。

外山:凍結されてすぐ、自動プログラムを相手の不毛なやりとりを1週間ぐらい続けて、ウンザリしてそのまま放置してたんです。これは直接押しかけるしかないと決めて、しかし私はふだん九州で活動してますし、そう頻繁に上京できるわけでもないので仕方ありませんでした。それに私はもともとネット社会に反感を持ってて、せっかくTwitterが使えなくなったんだし、この機会にTwitterなしでしばらく活動してみて、それでもべつに困らないようであればいっそ足を洗ってしまうことも考えていたんですよ。

――実際どうでした?

外山:活動が完全に行き詰りました(笑)。個人名義のアカウントのほうは、フォロワーが1万7000人以上いたんですけど、その人たちに向けて情報発信する手段が突然なくなってしまったわけですよね。たまにやってるトークイベントなんかにも全然人が集まらなくなったし、とくに困ったのが、私がここ数年もっとも力を入れている活動の1つに、全国から現役学生を福岡に呼び集めて10日間ぐらい“9時5時”の座学で詰め込み教育する“教養強化合宿”というのがあるんですが、過去6回、たいてい毎回10人前後が集まっていたのに、7回目に向けて参加者を募り始めてもほとんど何の反応もないという事態に陥りました。

――IT嫌いのはずが、Twitterなしではたちまち活動が立ち行かなくなるという……。

外山:まったくお恥ずかしいことです。しかし、もはやそういう社会になっちゃってるんですよ。いくらITに反感を持ってても、私みたいに不特定多数に向けて情報発信することが使命のようになってる人間としては、TwitterやFacebookを使わないというわけにはいかない状況が、こっちが頼んだわけでもないのに一方的に作られてしまっている。Twitter社を含むさまざまなIT企業が利潤を追求しまくった結果としてそういう社会が作られていて、今回のように、たまに納得いかない目に遭わされても黙って従わざるをえなかったりするんです。そのことにますますムカついてました。しょせん営利企業なんだし「社会的責任を果たせ」みたいなキレイゴトを云うつもりはありません。しかし、せめて社会に迷惑をかけるな、と。Twitterを活用せざるをえない状況をまんまと作っておいて、仕方なくこっちもそれに乗っかってたら、恣意的な基準で突然アカウントを凍結してきて、「おかしいだろ」と文句を云っても自動プログラムを相手に独り相撲をさせられてしまう。ふざけんな、ということで直接押しかけたわけです。

――押しかけたのは、上京して街宣を始めた初日、都議選の告示日でもあった6月23日ですね。

外山:前日の夜に街宣車で東京入りして、翌朝8時から、まだ他の陣営(?)が立候補手続きとかしてる最中で選挙カーも動かせない段階でいち早く勝手に“第一声”を上げつつ(笑)、東京滞在中に主に根城にしてる高円寺界隈を出発して、京橋にあるTwitter Japan社を目ざしました。新宿とか渋谷とかでひととおり街宣しつつですから、実際に着いたのは昼すぎでした。

――すんなり会ってもらえたんですか?

外山:そうなんですよ! もちろんアポなしなんで、100パー門前払いされると思ってたんですけどね。実は私の知り合いが、過去に何かでやっぱり不当な目に遭ってTwitter Japan社に直接押しかけて、アポなしだということで門前払いされたらしいんです。私も当然そういう対応をされるだろう、と。Twitter Japan社が入ってるオフィスビルは、24階建てで、Twitter Japan社は19階だかにあって、もちろんそこをいきなり訪ねられるわけではありません。まず3階の総合受付で「Twitter社に用があって来た。取り次いでほしい」と告げました。「アポイントメントはありますか?」と訊かれたので、「ありません」と答えます。「では取り次げません」と云われると思ってたんだけど……。

――取り次いでもらえない前提で、なぜ訪ねたんですか?

外山:本当の目的は街宣だったんです。Twitter社が入ってるビルの正面に街宣車を停めて、延々と1時間ぐらい“Twitter社糾弾”の街宣をやってやるつもりでした。だけどそれなりの段取りってものがあるじゃないですか。いきなり街宣を始めたんじゃ、ちょっと道理が立たない。まず「会って交渉に応じろ」と要求して、それを蹴られて、「よし分かった。じゃあ街宣を始める」という流れにするのが、何というか、“自然”でしょう。

――ところがTwitterの“中の人”が出てきちゃった、と(笑)。

外山:総合受付の人が「ちなみにどういうご用件ですか?」と訊いてきたので、「Twitterのアカウントを凍結されていて、解除するよう要望を出したんだけど、自動プログラムによる対応でちっとも要領を得ないので、しかし他にTwitter社のスタッフがちゃんと読むであろうメール・アドレスも電話番号も公開されていないようだから、直接交渉しに来た」と説明したわけです。そしたら「しばらくお待ちください」って、こっちには訊こえないやりとりをTwitter社の人としてる様子で、そのうち「担当の者が降りてくるそうです」と云われちゃった。

――誠実に対応してもらえたんですか?

外山:やがて演技なのかホントなのか日本語のたどたどしい、リンキン・パークのTシャツを着た外人さんが現れて、「どういうご用件ですか?」と訊いてきたので、経緯を説明しました。20分ぐらいのやりとりで、最終的には「当方でも改めて経緯を調べてみて、2日以内にメールで回答します」とのことで、もちろんそれは凍結解除を保証されたわけではないですけど、「何らかの対応をするから2日待ってくれ」と云われて、「じゃあ街宣だ!」ってことにはなりませんよね(笑)。「よろしくどうぞ」と引き下がるしかありません。こっちとしても、対応してくれるって云うんならそれでかまわないわけで……。

――でも、なんか悔しそうですね。

外山:だってこっちは完全に、少なくともTwitter上では都議選の話題なんか吹っ飛ぶぐらいの大騒ぎにしてやるつもりだったんですから。「会いに来た」、「アポはありますか?」、「ありません」、「じゃあ取り次げません」、「よし分かった、街宣だ!」って流れを想定してて、初日はもちろん1人というか、街宣車に同乗してた身内2、3人だけでやるつもりでしたけど、その様子をネットで動画中継してまずはちょっとした話題にした上で、「交渉に応じるまで毎日やる。これは私だけの問題ではない。納得いかないアカウント凍結とか、その他なんでも、Twitter社に文句がある奴は毎日正午に集合せよ。自作のノボリやプラカードを持参してもいいし、トラメガとか持って来てもいいし、街宣車のマイクも開放するから何でも云いたいことを云え!」と呼びかけるつもりでした。集まった連中の“文句”の中身の正当性なんか問わない(笑)。在特会みたいな人たちの中にも、在特会と揉めてる反ヘイトスピーチの人たちの中にも、Twitter社に文句がある人はいっぱいいるだろうし、胡散臭いのまで含めて集まれるだけ集まってもらって、在特会とカウンターが衝突し始めても放置(笑)、とにかく“Twitter糾弾!”のノボリを林立させつつ、カオスにしてやろうと思ってました。

――まったくタチの悪い……。

外山:革命家ですから。常に騒ぎのネタを探してるわけです。たかがアカウント凍結ぐらいのことですけど、これはオイシイ展開を期待できるぞ、とワクワクしてたんですよ。そもそもTwitter Japan社の住所は判明してるわけですから、何も直接押しかけなくても、手紙か何か出せばいいだけの話なんですけどね(笑)。そっちのほうが3か月も苦境に耐える必要もなくなったはずなんですけど、せっかくいいネタが転がり込んできたのに、それではもったいないじゃないですか。何でもないことでも、「あ、これは面白くすることができるぞ」とすぐにピンと来るように、革命家は訓練をしているものなんです。

――結局、あっというまに凍結解除されたんでしょ?

外山:「2日待ってくれ」という話だったはずが、翌朝にはもう解除されてました。

――メールも来たんですか?

外山:それが来ないんだ(笑)。そこらへんはやっぱり、いい加減な会社だなあとは思います。

――“検討しましたが、やっぱり解除できません”という返答であれば、改めて当初の“恐ろしいインボー”にも移行できたんでしょうね。

外山:まったく、“試合に勝って勝負に負けた”ような気分です。Twitter社前をカオスにしてやれば、さすがにTwitter社側も折れて解除要請に応じるだろうし、だから本来は“試合にも勝負にも勝つ”つもりでいたのに、10年前の政見放送以来の新たな伝説を打ち立てるという私の目論見は露と消えてしまいました。

――それなりにちょっとした話題にはなってたじゃありませんか。

外山:“直接行動”の重要性を身をもって人民に示すことができたのは、革命家としては満足すべきことかもしれません。ネット上でどうこうってことには限界があって、それが単に“直接押しかける”程度の原始的というかアナログというかアナクロというか、ちょっとした行動で簡単に突破口が拓けたりする。凍結も無事解除されて、今月末からの第7回“教養強化合宿”への参加志願の学生たちもポツポツ現れ始めたし、まあ良しとすべきなんでしょう。騒ぎのネタなんか、私はどうせまたすぐ何か別のことを思いつきますよ。