インテルに所属するGKトンマーゾ・ベルニ【写真:Getty Images】

写真拡大

 インテルが5日、チームに所属する34歳のイタリア人GKトンマーゾ・ベルニとの契約を更新したことを発表した。契約期間は1年間で2018年6月までとなっている。

 ベルニはテルナーナやラツィオ、サンプドリアやトリノなどでプレーした後、2014年からインテルに在籍しているベテランGKだ。ただ、同年7月にインテルに加入して以降、公式戦の出場は1試合もない。ベンチ入りする試合はあるものの、加入後3年間はピッチに立ってゴールを守ることはなかった。

 インテルに所属していた33歳のGKフアン・パブロ・カリーソはメキシコ1部のモンテレイに移籍したが、それに代わってトリノから31歳のGKダニエレ・パデッリを獲得している。ベルニも残留を果たしたことで、ベテランGKが多数インテルに在籍する状況となった。インテルでは32歳のGKサミル・ハンダノビッチが正守護神を務めている。

text by 編集部