@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

BMW X2 “あの国” の意匠登録情報

発表が待たれる「BMW X2」のパテント情報から、その姿が明らかになった。

日本の特許庁に出願された意匠登録を確認したところ、生産化モデルとコンセプト車両の類似性が浮かび上がってきた。


第2世代のX1と、現行X3の間のレンジに投入される「X2」は、来年の第2四半期にデビューすることになる。

ミニ・カントリーマンとプラットフォームを共用するこのモデルは、昨年9月のパリモーターショーにコンセプトカーとして出展されている。その姿を詳しく見てみよう。
 

X1より長い クーペ的なプロポーション

実用性の高いX1よりも、ずっと全長が長く、ワイドなプロポーションがX2の特徴だ。

テールゲートの角度などを見ていると、X2にはクーペのようなテイストを感じられる。


コンセプトから多くの要素が引き継がれるものの、生産化モデルではウインドウラインを低めてグラスルームを拡大。フロントライトも大型化されている。

ライバルは、レンジローバー・イヴォーク、ディスカバリー・スポーツ、ボルボXC60といったところだ。
 

ディーゼル3種、ガソリン1種で発表へ

ローンチ時の予想ラインナップは、4車種だ。

・2.0ℓディーゼルエンジン

xDrive 18d:150ps
xDrive 20d:190ps
xDrive 25d:230ps

トランスミッションは、6速マニュアルと、オートマティックが用意される。

・2.0ℓガソリンターボ

xDrive 20i:192ps


300ps超えの2.0ℓターボモデルがその後に続き、Mモデルについては、2シリーズと同様にM40iとなる可能性が高い。X2 Mの登場は当分ないだろう。

X2の予想される車両価格は、エントリーグレードで£30,000(440万円)だ。