気になっている男子や付き合いたての彼氏とデートするとき、手をつなぐ瞬間ってドキドキするもの。楽しいだけならいいのですが、「手汗が不安で気が気じゃない!」というお悩みは、とくに夏に多いはず。

手がベトベト 彼に嫌われたらどうしよう……!



もともと汗っかきな体質だったり、緊張すると一気に汗が出てくるタイプだけじゃなく、暑い季節は誰もが汗問題に悩むシーズン。デートのときはとくに念入りに、汗のニオイ対策を行っている人もいるのでは?
でもワキ汗などと違って、対処法がわからないのが“手汗”をどうするか。せっかくいい雰囲気で彼が手をつないでくれたときに、幻滅して嫌われたらどうしよう! と思うと、心配になっちゃいますよね。

手汗がプラス印象になる場合もある!?


手汗対策って、基本的に「手汗があったら、男子から幻滅されそう」という発想のもとに考えているのだと思います。でも、かなり潔癖な少数派の男子を除いて、手汗があってもさほど気にしない人が多いし、むしろウェルカムな人さえもいる! ということをまず知っておきましょう。

これ、逆の立場で考えると想像しやすいと思うのですが、本当に気になってたり好きな人の汗に触っちゃったとして、そこまで汚く感じないんじゃないでしょうか。汗ぐらいで気持ち悪いと感じちゃう相手って、そもそも恋愛対象から外れてくるのかもしれません。

「自分とのデートで緊張してるんだ、かわいいな」と思って、むしろ守ってあげたい気分が高まる! という男子の意見もあるんです。もともと気になってる同士だったり、両思いで付き合ったカップルなら、手汗だけで嫌われるリスクは低いと考えてよさそうです。

それでも気になるなら、タオルハンカチが効果的♡



そうは言っても、手汗がベタベタな状態で彼と手をつなぐのはイヤだし、不安な気持ちはありますよね。そこで、汗かきの具合に関わらず、お金をかけずに対策できる“タオルハンカチ作戦”がおすすめです!

タオルハンカチ作戦とは?
デートのとき外で歩く間、タオルハンカチを手に持っておくようにします。パタパタあおいだり、顔の汗を軽くふいたりして、一見そのために持っているようなていにしておいてください。そのカモフラージュの動きをやりながら、ほどよいタイミングで右手と左手でタオルハンカチを持ちかえながら、定期的に手汗を吸い取りましょう。
ハンカチを手に持ってるのは女の子らしくてかわいいし、彼にバレずに手汗をふいていくことができます。

彼に近い側の手にずっとハンカチを持っていると、手をつなぐチャンス自体を逃してしまうこともありえるので、基本は反対の手に持っておくのがおすすめです! なにかで彼にハンカチを貸してあげるとき汗でいっぱいなものしかないと困ってしまうので、カバンにはもう一枚ハンカチを入れていると安心ですよ!

こんなアイテムがおすすめ


バイヤスボーダーミニタオル / ¥518 / すっきりとした印象のデザインに、星型のラメ糸刺繍で光沢をプラス。下部に無地のラインとリボンを飾ってかわいらしいアクセントに。ヘムのスカラップカットもフェミニンな仕上がりです。ふっくらとした綿100%素材で使い心地も快適。プレゼントにもおすすめ。


リボンミニタオル   / ¥518 / カラフルなピンドットとキラキラとしたゴールドカラーのリボンの刺繍がアクセントになったミニタオルです。


ミニタオル / ¥540 / ボーダー柄のミニタオルです。パステルカラーの配色や下部にほどこしたフリルでキュートさをプラスしました。Cocoonistのロゴ刺繍もポイント。ふっくらとした綿100%素材で肌触りも快適です。ギフトにもおすすめです。


イニシャルミニタオル/リバティプリント / ¥972 / リバティプリント生地を使用したイニシャル入りのミニタオルです。ふっくらやわらかな綿100%の手触りで使い心地も快適。プレゼントにもおすすめです。

食べ物もリラックス&体を冷やすものをチョイス!


リラックスしているときよりは、緊張したり、戦闘モードに入っているときに汗を多くかくと言われています。デートで緊張しないように……なんて言っても難しいと思うので、食べ物選びで対策してみましょう!

パッと思い浮かぶイメージのとおり、カレーや唐辛子などを使ったスパイシーなメニューは汗をかきやすくなるので控えめに。さらに、コーヒーや栄養ドリンクなど、カフェインが含まれたドリンクも戦闘モードをスイッチオンしてしまうので注意してみてくださいね。

こんな食べ物がおすすめ


逆におすすめなのが、癒やし系だったり女子の体にいいと言われている食べ物。アロマ効果が期待できるハーブティや大豆製品、アボカドなど、落ち着ける食材を選んでみましょう。体を冷やしてくれるトマト、きゅうり、ナスなどの夏野菜やヨーグルトを取り入れるのも良さそうです!

手汗の不安、少しは解消できたでしょうか? ご紹介した方法を参考に、夏のデートを思いっきり楽しんでみてくださいね♡
(由井妙/studio woofoo)