7月4日に行われたICBM「火星14」型の試射(朝鮮中央通信)

写真拡大

北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、「4日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)『火星14』型の試射に一度に成功した」としながら「総合的国力と戦略的地位は新しい高さに上がるようになった」と主張する論評を配信した。

論評は、「これは、朝鮮半島と地域の平和と安定を保障するうえで実に重大かつ特別な意義を持ち、反帝・反米対決戦でチュチェ朝鮮が成し遂げた偉大な勝利となる」と主張した。

また、「われわれを大陸間弾道ロケットの開発へ進ませた張本人はまさに、長々数十年間、われわれの自主権と生存権を抹殺するための時代錯誤の敵視政策に悪らつに執着してきた米国である」とICBMの発射を正当化した。

さらに、「米国はこれ以上、米本土全体がわれわれの打撃圏内に入っており、せん滅的報復打撃のあらゆる強力な手段がわれわれの手中にあるという現実に顔を背けても、誤って判断してもいけない」と述べた。

そのうえで、「朝鮮は、米国の対朝鮮敵視政策と核威嚇が根源的に一掃されない限り、いかなる場合にも核と弾道ロケットを協商のテーブルに置かないであろうし、すでに選択した核戦力強化の道からたった一寸も退かないであろう」と核・ミサイル開発を放棄しないという姿勢をアピールした。