氷使わないフローズンいちごの「ハロハロ」

写真拡大

ミニストップは7月7日から、氷の代わりにフローズンいちごを使用した「ハロハロ 果実氷いちご」を発売する。価格は320円(税込み)。

1995年の発売から23年目に突入した、ミニストップの看板商品のひとつ「ハロハロ」。毎年さまざまな限定フレーバーが登場しているが、今年は新たな切り口として、“進化系ハロハロ”が誕生した。

スライスしたフローズンいちごを使用し、氷を使わない「ハロハロ 果実氷いちご」。サクサク食感の酸味のあるいちごは、トッピングのソフトクリームバニラとの相性も抜群だ。最後まで味わいを楽しめるよう、フローズンいちごの上には練乳風味シロップと練乳をかけている。

春に発売した「練乳いちごパフェ」に対し、いちごの使用量は約128%増で、これは同社史上最高量。いちごを堪能する涼スイーツとなっている。