江西省南昌市で行われた200台あまりのショベルカーによる真夜中の立体交差撤去作業が海外で注目を浴びている。

写真拡大

2017年7月5日、中国紙・参考消息によると、江西省南昌市で行われた200台あまりのショベルカーによる真夜中の立体交差撤去作業に海外メディアが驚いている。

【その他の写真】

6月30日午後9時ごろから翌午前5時まで行われた南昌市龍王廟立体交差の取り壊し作業について、英紙デイリー・メール電子版は「驚くことに、数百台のショベルカーが市街地の中心で同時に作業し、長さ589メートルの4車線からなる立体交差を一気に取り壊してしまった」などと伝えている。

また、「以前であればこのような立体交差は数カ月かけて撤去を行っていたが、工事のスピードアップを図るため、同市政府が昨年より数十台のショベルカーを同時に作業させる方式を導入するようになった」と説明。昨年も68台のショベルカーを使って一夜のうちに立体交差を撤去する工事が行われたという。

関係企業の従業員は「龍王廟立体交差があった洪都大道は市の幹線道路で、長時間封鎖することはできなかった」と語っている。一夜の大規模な工事のおかげで、洪都大道の通行止めはわずか3日間で済んだという。(翻訳・編集/川尻)