公務員のキャリアをどう描くか。


 加計学園問題や都議選で「文部科学省」や「都庁」が話題になっています。そんな中、都庁の採用2次試験が先週で終わり、中央官庁の採用を決める官庁訪問が7月5日から始まりました。都庁と国家公務員を併願される方は例年多く、進路に悩まれている方も多いと思います。

 いつもは専門分野の環境エネルギーについてのコラムを書いているのですが、編集部からの依頼を受けて、今回はテーマを文部科学省から都庁への転職記に変えて書きたいと思います。文部科学省から都庁への転職はおそらく私くらいしかいないと思いますので、私の経験が少しでも公務員志望の方に参考になれば嬉しいです。

 なお、私の転職は、天下りや出向ではなく、採用試験を受け直した上での、平社員としての転職です(給料も役職も下がりました)。念のため。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

文部科学省での仕事

 文部科学省では5年間勤務し、原子力や次世代スーパーコンピューターを担当していました。

 転職前の最後の年は、次世代スーパーコンピューターの担当係長をしていたのですが、民主党政権の「事業仕分け」で蓮舫議員から「2位じゃだめなんですか?」と仕分けられることになります。当然、「世界一でなければならない」という多くの資料を作ったりでとても忙しくなったわけですが、政治と行政の関係が学べる機会ともなり、今ではいい経験と思っています。

 ちなみに、今話題の加計学園問題で今話題の前川前事務次官は、私が入省2年目の際の上司で、当時総務課長をされていました(中央官庁の総務課長はかなり偉いので、私の上司の上司の上司くらいで、前川前次官は私のことは覚えてらっしゃないと思います)。

 加計学園問題については、私はなんら1次情報は持っておりませんが、前川前次官がとても尊敬できる上司であったことだけは明確に覚えています。

恥ずかしい(?)転職理由

 さて、よく「なんで文科省から都庁に転職したの?」と聞かれます。私のダメな部分が分かってしまい、とても恥ずかしいのですが、正直に書きますと次の3つが理由です。

(1)これじゃ結婚して子どもと楽しく暮らせないんじゃ・・・(転職理由の8割)

 とても恥ずかしいですが、本音のところ最大の転職理由はこれです。

 報道でもよく取り上げられていますが、国家公務員総合職の仕事はとてもハードです。私自身、残業100時間/月を切ったことは5年間の勤務でありませんでしたし、残業120〜150時間/月くらいがアベレージだったと記憶しています(文科省ですらこれですから、財務省・経産省など激務の官庁はさらにでしょう)。

 そんな生活を続けた入省5年目のある日、理系な私は、思い立って人生の目的関数を数式にしてみることにしました(下の式)。

制約条件:モテない、職場は男ばかり

式の解説:幸福には「仕事」と「結婚・子ども」それぞれの充実が必要で、その割合は「結婚+子ども」が仕事より2倍高い(幸せへの貢献が大きい)。一方、私はどうやらモテない。職場も男ばかり・・・オワタ\(^o^)/
 

 なんともモテない理由が分かるような思考ですが、この数式を見て当時の私は、現在の職場に勤務し続けるのは人生の目的に対してリスクが大きいという結論に至ったのでした(ちなみに、都庁に転職して、隣の席の女性とすぐ結婚して子どもも授かったので、転職は成功だった(?)・・・のでしょうか)。

(2)日々「こなす仕事」ばかりになってしまった(転職理由の1割)

 これまた今思うと恥ずかしい理由です。

 前述のとおり、忙しく時間がない中で、深く調査・検討して自分の考えをアウトプットするという形にはどうしてもならず(ダメですね)、とりあえずやらなければならない仕事を「こなしていく」ばかりになりました。

 今思えば、そりゃ若手はそういうもんだと思いますし、もっと工夫してやればそうはならなかったと思うのですが、中二病ならぬ、20代後半に誰しもが悩む「このままでいいのだろうか病(20代後半病)」を患ってしまったのでした。

(3)都庁の施策の「前向きさ」に惹かれた(転職理由の1割)

 ようやく出ました、前向きな転職理由です。

 私は、学生時代から環境エネルギー分野に携わっていたのですが、都庁では二酸化炭素の排出規制や取引を行う「キャップ&トレード」や、省エネ家電を見える化する「省エネラベリング制度」など、国に先駆けた先進施策をどんどん打ち出していました。これら施策の「前向きさ」に惹かれたのも理由です。

 改めて書いてみると、9割が後ろ向きな理由で、一般的に見るとダメな転職理由ですね(笑)。後ろ向きな理由での転職は成功しない、とさまざまなハウツー本に書いてありますし、Google先生に聞いてもそう返ってくるので、決して真似はなさらないようお願いします。

国家公務員(総合職)として働くメリット

 一方、文部科学省では多くのことを学びましたし、国家公務員(総合職)として働くことには多くのメリットがあります。私が感じるものとして次の2つがあります。

(1)情報が集まるので、その道のプロになれる

 情報が日本で一番集約する場所は霞が関です。これは間違いありません。

 各省庁では、さまざまな制度・規制・事業を持っていますが、関係する事業者・業界団体・独立行政法人などなどは、現在の市場状況や現場での動きなどをひっきりなしに役所に説明に来ます。こちらから聞かずとも頻繁に来庁してさまざまな情報を提供してくれ、また、こちらが調べてほしい言ったことも迅速に調べてくれます。毎日さまざまな情報を入手できるので、自然とその道のプロになれます。

 ただ、キャリア官僚の異動周期は1〜2年なので、せっかく蓄積された専門知識も、異動の度にキャンセルされてしまいます。この異動期間の短さ、結構な社会的損失だと思うのですが、これはまた別の話ですね。

(2)若くして偉い人と対等に話ができる

 業界団体や事業者の役所対応は、幹部が行うのが通常です。来庁する人はかなり偉い人ばかりです。また、著名な学者の方も頻繁に来庁します。民間最大手の部課長レベルの方や、有名な大学教授などが議論の相手となります。

 このような経験は民間企業だとなかなか経験できないので、若くして偉い人と対等な立場で議論ができることは、官僚になることの1つのメリットだと思います。

都庁で働くメリット

 次は私の感じる都庁のメリットです。私が感じるものとして次の2つがあります。

(1)結構ボトムアップ

 都庁に7年間勤務してみて感じることは、結構ボトムアップな組織であるということです。

 予算要求前などはみんなで来年度の事業案を議論しますし、平職員でも、もちろん提案できます。現場や担当者からの事業提案や改善提案であっても、それが理屈が通っていて、実行した方が世のためになるものであれば、採用になると感じます。職員が優れた事業提案・改善提案したら表彰される制度もあったりと、ボトムアップを奨励している雰囲気もあります。

 自分が企画した事業が都の施策として表に出るのはとても嬉しいですし、仕事のモチベーションも上がりますよね。

(2)働き方を選べる

 中央官庁では、入省年次とともに自動的に役職が上がっていきますが、都庁では「主任試験」や「管理職試験」なる試験で昇進が決まります(試験といってもペーパー試験一発ではなく、普段の勤務評定などを含め総合的に判断されます。学歴などは関係なしの実力主義なので分かりやすくていいですね)。

 そのため、昇任意欲のある人は受験しますし、育児や介護などの理由で昇任試験を受けないこともできます。ライフステージに合わせて働き方を選べるのは、とてもいい制度だと思っています。さらに、庁内公募制人事など、職員の能力・希望が反映されやすい制度もあります。

 また、個人的に感じるのは、部下の労働時間を組織のコストとして認識する管理職の割合が、中央官庁より都庁のほうが多いように感じます(管理職試験の有無や職場風土が理由でしょうか)。

* * *

 なんだか最後は少し東京都の宣伝のようになってしまいましたが、本コラムは私自身の経験に基づくもので、現所属への「忖度」もなければ、上司からのチェックも受けていない完全なる個人的見解です。

 また、文科省でも都庁内でも部署や時期によって職場環境は変わりますし、私の経験が一般化できるものではありません。また文科省についても、当時の私の経験のみであり、現時点での様子をすべて反映しているものではありません。

>公務員を受験される方へ

 国家公務員も地方公務員も、公益を第一に考えることができる素敵な仕事ですよ!

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

※本原稿は業務時間外に個人として執筆したもので、所属する団体の見解などを表すものではありません。本原稿へのご意見・お問合せはinagaki_energy@yahoo.co.jpまでお願いいたします。

※いつもは環境エネルギーについて書いています。ご興味ある方はこちら

筆者:稲垣 憲治