佐々木譲氏の法廷小説がWOWOWでドラマ化

写真拡大

 「廃墟に乞う」「警官の血」「笑う警官」などで知られる直木賞作家・佐々木譲氏が初めて法廷ミステリーに挑んだ「沈黙法廷」が、WOWOWで連続ドラマ化(9月24日放送開始)されることが決定した。WOWOWが同氏の作品を映像化するのは、本作が初となる。

 東京都北区・赤羽で、ひとり暮らしの老人の絞殺体が発見された。赤羽署の刑事たちは警視庁とともに捜査を開始し、付近住民から「被害者宅には時折、ある女性が出入りしていた」という情報を得る。個人営業の家事代行業者・山本美紀という女が捜査線上に浮上し、警視庁刑事たちは居宅に急行。しかし、そこにはすでに埼玉県警の車両があった。美紀の仕事先では、ほかにも複数の不審死が発生していたことが発覚。連続殺人犯としてマスコミの報道が過熱する一方で、美紀は一体何者なのか、何が真実なのか、法廷で暴かれようとしたとき、証言台で女は突然口を閉ざす。

 緻密な法廷劇だけでなく、警視庁と埼玉県警による緊迫の逮捕劇が見どころ。さらに事件を過熱報道し世間を扇動するマスコミや、貧困が生み出す現代社会の実態など、多くの社会的要素を盛り込んだ新機軸ミステリーだ。佐々木氏は「『沈黙法廷』は、わたしにとって最初のリーガル・サスペンスだ。お年寄りの殺人事件から始まる警察捜査小説にプラスして、被疑者が起訴された後の裁判の、その劇的な対立も描いた」と述べたうえで、「被告席に立つ者は、無罪か、それとも有罪か。判決はどう出るのか? この法廷に生まれるドラマは濃密で、何度も何度も攻守は交代する。原作のその読みどころを、ドラマはどのように描いてくれるのだろうか。被告人山本美紀の人生を、どのように照らしてくれるのだろうか。楽しみだ」と期待を寄せている。

 脚本は「梅ちゃん先生」「結婚できない男」などヒットドラマを手がけてきた尾崎将也らが執筆し、監督は「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」の村上牧人らが務める。「連続ドラマW 沈黙法廷」は、9月24日からWOWOWで毎週日曜午後10時放送。第1話は無料。