リビア東部ベンガジに到着したリビア元軍将校のハリファ・ハフタル率いる民兵組織「リビア国民軍(LNA)」のメンバーと抱擁する女性(2017年6月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】リビア東部の実力者ハリファ・ハフタル(Khalifa Haftar)元軍将校は5日、3年前にイスラム過激派に占拠された同国第2の都市ベンガジ(Benghazi)の「完全解放」を宣言した。

 ハフタル氏は軍の正装を身にまとってテレビ演説し、「テロリズムとその行為者との3年あまりにわたる絶え間ない闘争の末(中略)われわれはベンガジがテロリズムから解放されたことを発表する」と述べた。

 ハフタル氏は国連(UN)が支援する首都トリポリ(Tripoli)のリビア統一政府(国民合意政府、GNA)の正統性を認めておらず、対抗勢力が東部に設立した議会を支持している。
【翻訳編集】AFPBB News