稀な疾患により成長が止まってしまった男性(画像はTomislav Jurčec 2014年10月4日付Facebook』のスクリーンショット)

写真拡大

クロアチアのザグレブに、ホルモンの働きをコントロールする脳下垂体の欠陥により、まるで10代の容貌を持つ23歳の男性がいる。彼は稀な疾患により成長が止まってしまったことをポジティブに捉え、現在は俳優としても活躍中だ。英『The Sun』や『Oddity Central』など複数メディアが伝えている。

現在23歳になるトミスラヴ・ジャルセク(Tomislav Jurcec)さんは、稀な症状のため子どものような容貌をしている。成長や老化に必要なホルモンをコントロールすべき脳下垂体の異常により成長が止まってしまったが、13歳の時に劇場監督のボリス・バラクさんに出会って以来、演技の世界に目覚めた。

トミスラヴさんはクロアチア・ザグレブにある演技学校に通い、劇場でも何度か俳優として演じたほかフィンランド映画にも出演した経歴を持つ。今はIT企業に勤めているがパートタイムで俳優業にも力を入れており、アメリカの人気ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演中だ。

トミスラヴさんは見た目が幼いだけで普通の23歳として生活しているが、タバコやお酒などの嗜好品を購入時には身長が161cmあっても、やはり奇異な目で見られることが多々あるという。

友人のひとりは「一緒にお酒を飲んでいる時なんかは、周りの人がウエイターに『なんでこんな子どもにお酒を買わせるんだ』と非難するような目で見ることもあります」と証言する。トミスラヴさん自身も「タバコやビールを購入する時には、みんな僕の見た目にショックを受けて23歳だということを信じてもらえません。だから笑顔でID(身分証明書)を見せるんです」と言い、周囲の反応を面白いと感じている様子だ。成長が止まってしまうという疾患と向き合いながらも演技に打ち込み、前向きな姿勢で過ごすトミスラヴさんは最後にこのように語っている。

「周りの人たちは僕の年齢になると、結婚や子供を持つことなどいろいろ人生の悩みがあるようですが、僕は10歳若く見えるという利点があるので、自分の人生も10年分得したように感じています。まだまだこれからという気持ちで最大限に人生を楽しむつもりです。」

画像はTomislav Jurčec 2014年10月4日付Facebook』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)