大坂なおみとジャン・シューアイのダブルスは1回戦で第13シードに敗退 [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜16日/グラスコート)の女子ダブルス1回戦で、大坂なおみ(日清食品)/ジャン・シューアイ(中国)は第13シードのキルステン・フリプケンス(ベルギー)/サーニャ・ミルザ(インド)に4-6 3-6で敗れた。試合時間は1時間12分。

 グランドスラムのダブルスには4度目の出場となった大坂は、土居美咲(ミキハウス)とのペアで出場した昨年の全仏オープン(フランス・パリ/クレーコート)に続くマッチ勝利はならなかった。

 シングルスに出場している大坂は、1回戦でサラ・ソリベス トルモ(スペイン)を6-3 7-6(3)で破り、大会白星デビュー。この日行われた2回戦では、第22シードのバーボラ・ストリコバ(チェコ)を6-1 0-6 6-4で倒して3回戦進出を決めていた。

 フリプケンス/ミルザは2回戦で、ナオミ・ブローディ/ヘザー・ワトソン(ともにイギリス)とワイルドカード(主催者推薦枠)のハリエット・ダート/ケイティ・ダン(ともにイギリス)の勝者と対戦する。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の女子ダブルス1回戦で敗れた大坂なおみ(右)/ジャン・シューアイ