「La PomPon 1stワンマンライブ 〜Power of LPP〜」

写真拡大

6人組ダンス & ボーカルグループ・La PomPonが2日、TSUTAYA O-WESTにて初のワンマンライブ「La PomPon 1stワンマンライブ 〜Power of LPP〜」を開催した。

ワンマンライブはデビュー曲の『BUMP!!』からスタート。3年前の8月に品川ステラボールで行われた、倉木麻衣15周年ライブツアーのオープニングアクトとして披露した思い出深い曲だ。8月30日発売の6thシングルからは、まず倉木さんの夏の定番曲『Feel fine!』をLa PomPonらしく元気一杯に聴かせた。

メンバープロデュースコーナーでは、YUKINOとMISAKIが二人のオリジナル曲『sunshine love』を、初のMISAKIピアノver.で披露。大人っぽくしっとりした雰囲気で聴かせた。そのあとに登場したのは、着ぐるみに着替えたRIMA(パンダ)、KAREN(うさぎ)、HINA(ヒヨコ)の、普段から笑顔とおもしろ担当(?)の3人組。『ヤダ!嫌だ!ヤダ! 〜Sweet Teens ver.〜』の大胆リミックス『超ヤダ! Remix』を披露した。そして、コーナーラストは、この日初披露となったKIRIのソロ曲『夢見るランデヴー』。傘を用いたパフォーマンスとハイトーンボイスで彼女の魅力を存分に見せつけた。

その後はこの日初披露の新衣装で再登場。それまでの白を基調としたサロペット衣装とはガラリと異なる、黒とグラフィック模様を配置したクールな衣装で登場し、6thシングルから新曲『Mr.Lonely Boy』を初披露。これまでにない大人セクシーさで、『運命のルーレット廻して』を続けて披露し、歌とダンスで観客を魅了した。

La PomPonのライブでは定番曲となった『ロッポンギ体操 〜愛コトバはジャンパラポン!〜』では、観客同士が肩を組んで一緒に体操する光景も。本編ラストは、TVアニメ『名探偵コナン』のオープニングテーマ『謎』で締めくくった。

アンコールの声に応え、再びステージに登場した『サヨナラは始まりの言葉』が届けられた。最後の楽曲は、観客全員がタオルを回して一体となった『ふれんず』。“これからもよろしくね”という歌詞にこの先への期待を高め、この日のパフォーマンスを終えた。

最後にメンバーからつめかけたファンへメッセージを送った。
YUKINO「今日はみなさま、ワンマンライブにお越しいただき本当にありがとうございました!」
HINA「皆さんのおかげで最高のワンマンになりました!」
RIMA「ですが、まだ、夢の途中です!」
MISAKI「まだまだみなさんと前進していきたいです!」
KIRI「絶対に次のステージに進みたいと思っています!」
KAREN「これからも私たちの応援、よろしくお願いします!」

なおLa PomPonは8月30日には6thシングル『Feel fine!/Mr.Lonely Boy』の発売が決定している。

撮影/達川範一

■関連ニュース

La PomPon、九十九里浜でファンと「九十九」の人文字作り ショートMV撮影 (2016年09月05日)La PomPon、ロッテ--楽天戦始球式に登場 ロッテ荻野&平沢を相手に「新魔球」(!?)を披露 (2016年08月10日)