Samsungが、独自開発のAIアシスタントBixbyと搭載したスマートスピーカーの開発に取り組んでいるものの、思うように進んでいないようです。

いまだ登場していないBixby英語版

The Wall Street Journalが関係者から入手した情報によれば、このスピーカー開発プロジェクトは社内では「Vega」と呼ばれており、開発にはすでに1年以上が費やされているとのことです。
 
しかしスピーカーがいつ頃市場に登場するのかは不明のままです。というのも、SamsungがAppleのSiri開発者たちが立ち上げたViv Labsを買収して開発したAIアシスタントBixby自体が、現時点では韓国語版のみで、まだ英語に対応していないからです。
 
Samsungは当初、英語版Bixbyを今年春までに開発すると宣言していました。しかし関係者によれば、早くても今月後半以降になる見通しとのことです。

急成長が見込まれるスマートスピーカー市場

英語版のAIアシスタントを搭載したスマートスピーカーとしては、AmazonのEcho、GoogleのGoogle Homeがあり、12月にはAppleのHomePodも発売されます。またMicrosoftもこの秋、Skype通話が可能で、音声アシスタントCortanaを搭載したInvokeを発売すると発表しています。
 
調査会社eMarketerが今年5月に発表した調査結果によると、アメリカのスマートスピーカー市場におけるAmazon Echoのシェアは70.6%、続くGoogle Homeが23.8%、その他が5.6%となっています。
 
同調査によれば、アメリカ人の3,560万人が月に1度はこれらのスピーカーを利用しており、この利用人口は昨年と比べ128.9%も増えています。
 
今後の急成長が期待され、新規参入が相次ぐスマートスピーカー市場に、Samsungがいつ参入するのかに注目が集まります。
 
 
Source:WSJ
(lunatic)