横浜DeNAが7月5日、対阪神10回戦に4対1で逆転勝ちを収めた。アレックス・ラミレス監督(42)は、「初回のメッセンジャーを見てかなり手強いと感じたがよく逆転してくれた」とチームの粘りを評価した。インタビューの内容は以下の通り。

―ナイスゲーム、振り返っていかがですか。

 最初の1、2回のメッセンジャー投手を見て、今日はかなり手強いなと感じたんですけど、先制されながらよく逆転してくれたと思います。浜口投手も見事なピッチングをしてくれました。

―浜口投手もこれで4連勝。今日はランナーを出しながらよく粘りましたね。

 浜口はここ5試合非常にいいピッチングをしていて、そのうち4連勝。みなさんが期待している通りのいいピッチャーになりました。スタミナもあるし、けがもなく本当によくやってくれていると思います。

―チームもこれで今シーズン初の5連勝ということになりました。オールスター前まで休みなく連戦が続きますが、好ゲーム期待しています。

 これからも1日1日、明日は明日という形で勝っていきたいと思います。まだオールスターまで7試合残っていますが、下を向くことなく1日1日しっかり戦っていきたいと思います。

(C)AbemaTV

▶DeNA主催試合の放送はこちらから

▶DeNA主催試合の過去の名シーンはこちらから