5日、中国国営新華社通信が香港返還20周年に合わせてソーシャルメディア上で公開したミュージックビデオに盗作疑惑が持ち上がっている。写真は香港。

写真拡大

2017年7月5日、米華字メディアの多維新聞によると、中国国営新華社通信が香港返還20周年に合わせてソーシャルメディア上で公開したミュージックビデオに盗作疑惑が持ち上がっている。

問題のミュージックビデオは「我的Hong Kong」の広東語バージョン。一部のシーンについて、香港のカメラマンのFrancis So氏が、自身の国際コンテスト受賞作「ESCAPE」からの盗作であると告発した。

香港メディアの香港01によると、静止画をつないで動画に見せる手法や、香港大会堂やネイザンロードなどが登場する順番、ポストプロダクションなどが、「ESCAPE」に完全に一致しているという。(翻訳・編集/柳川)